AJCC 中山芝2200m 不的中
ラップ:12.6 - 10.8 - 12.4 - 11.9 - 11.9 - 12.3 - 11.8 - 11.9 - 12.2 - 11.8 - 12.3 (35.8-36.3)
◎ゼーヴィント
○ナスノセイカン
▲リアファル
△クリールカイザー
△ヤマニンボワラクテ

雑感:蛯名は人気だと外から捲って力勝負をして穴だとインを狙う、、、忘れてました。タンタアレグリアもロブロイの割にはインも突ける馬ですし、疲労、ストレスの無い休み明けなら余計その選択を頭に入れなくてはダメでしたね。先週L系のレーヴミストラルが休み明けの大凡走だったので、ちょっとそのトラウマで印を打てませんでした。でも単純にG1からのダウン休み明けのロブロイで人気も手ごろって考えれば……あー下手すぎて泣ける。次走以降という意味ではシルクドリーマー。ギムレット×フジキセキなら延長は合わないはずで、ちょっと驚きました。頭数揃った大阪城Sあたりで期待したいですね。ただ活性化が乏しいのでどこかで先行→差しのオプションが欲しい感じはしますけど。あと松岡はもう衰え顕著。位置取り系の布石を回収する気0。サンツェッペリンの逃げられなかった逃げ馬での感動を返せ(笑)。

■蛯名は人気だと外から捲っての力勝負をして穴だとインを狙う
■日経新春杯が鮮度ならこちらは格。条件戦上がりは3着止まりが多い


総評:前半1000m59.6のHペース戦。先行して負けた馬はダウン戦で注意。
1着タンタアレグリア LM…ゼンノロブロイは休み明け特注。ダウン良いし、鞍上も上手くて
2着ゼーヴィント M…1人気だから大事に乗って2着は仕方ない。人気落ちに注意したい
3着ミライヘノツバサ S(LC)…中山がよほど合うのか、先行馬で唯一粘った。重い質向き
4着ルミナスウォリアー LM…ダウン休み明け激走後だから立派。意外と中山>東京かも
5着ワンアンドオンリー S…距離変更+位置取りショックの好走はS系らしい。中山も向く
・6着以下
6着ナスノセイカン LC(S)…格レースに跳ね返された感じ。凡走後の延長や外伸びが合う
7着シルクドリーマー SC…タフなレースが合うとはいえ7着は驚いた。短縮の持続質戦で
10着クラリティスカイ S(LC)…Hペースの2200mで息切れ。短縮で差しに回る形に注意
12着クリールカイザー S(LC)…短縮Hペースでの逃げは騎乗ミス。休ませて立て直したい
14着ヤマニンボワラクテ LM…年齢重ねて摩擦あるレースは厳しい。ダウン外枠スローで