有馬記念2016出走予定各馬の見解を(評価は☆〜★★★★★の10段階)。
[]内の数字は過去20年のものです。
アルバート S系 ★★
 アドマイヤドン×ダンスインザダークのS系。母父から体力を供給し、スタミナ型の馬。ステイヤーズS組は[0-0-1-19]。昨年は短縮で全く付いて行けず惨敗しただけに、有馬記念が本気ならステイヤーズSという選択はしなかったはずで、ここは静観で。
サトノノブレス LC(S)系 ★★☆
 ディープインパクト×トニービンのLC系。馬体の重いディープ産駒で、切れよりもパワーや体力で勝負するタイプ。一応中山芝2500mという舞台は合いそうだし、前走も2人気3着とダウンなのに凡走した形。基本ダウンホースだが、そこが気になる。
人気ブログランキング LC系 ★★★
 ディープインパクト×キングカメハメハのLorLC系。前走は長期休養明けで8着。しかし、直線では内を突いて最後追えてなかったので、内容は悪くなかった。条件は色々重ならないと厳しそうではあるが、古馬混合G1で2着2回の実績がある。押さえなら。
ヤマカツエース S(LC)系 ★★☆
 キングカメハメハ×グラスワンダーのS(LC)系。血統的にはL系だが、混戦でもしぶとく全ての要素を持ち合わせたタイプ。前走金鯱賞1着馬は[0-1-0-2]。ポテンシャルの証明は春の段階でしているが、G1で弾かれている姿を見ると、まだ本調子ではないか。
ヒットザターゲット L(CS)系 ★
 キングカメハメハ×タマモクロスのL(CS)系。母父がダウン特注種牡馬で、一時期はダウンで好走しまくっていた馬。ストレスが無いと内枠を得意とするのはキンカメの特徴で、同馬も1枠での成績が良い。近走見てると衰えを感じる。厳しいだろう。
ムスカテール S(LC)系 ★
 マヤノトップガン×サンデーサイレンスのS(LC)系。マヤノトップガンらしく延長の混戦が得意で体力と闘争心があるタイプ。前走金鯱賞組4着以下の馬は[0-0-0-5]。目黒記念をレコード勝ちした同馬ももう8歳。全盛期だったら面白い条件だったとは思うが。
マルターズアポジー SL系 ★★
 ゴスホークケン×Old TriesteのSL系。父のゴスホークケンも中山の朝日杯を逃げて勝ったようにS主導の馬だった。同馬も全レース逃げているようにS系だろう。前走福島記念組は[0-0-0-9]。最低でも逃げられなかった逃げ馬のオプションは欲しかったか。
サムソンズプライド SM系 ☆
 メイショウサムソン×サンデーサイレンスのSM系。メイショウサムソンの産駒はこれといった特徴が無く、まとまっているタイプが多い。前走ステイヤーズSで3着以下だった馬は[0-0-0-9]。OPに上がってから頭打ちの感じは否めず、ここは記念出走だろう。

ここまでの8頭の考察を終えて、とりあえず魅力がある馬は人気ブログランキング
個人的にはHペース想定ではあるんで、この馬は微妙なんですけどね。
ただ前走直線で詰まっていたので、まだまだ走る気は落ちていないのかなと。