マイルCS 京都芝1600m 不的中
ラップ:12.3 - 10.9 - 11.2 - 11.7 - 11.4 - 11.7 - 11.6 - 12.3 (34.4-35.6)
◎フィエロ
○ガリバルディ
▲マジックタイム
△ディサイファ
△ウインプリメーラ
△ダコール

雑感:低レベル戦だからウインプリメーラ、ダコールとか入れてみましたけど、さすがに無理筋でしたか…。ダノンシャークとディサイファは可哀想でしたね。これ本線だったら発狂してます。邪魔したもん勝ちという腑に落ちない結果でした。ブエナの頃は失格でしたし、やることが極端すぎるだろ。不透明だからジャッジする専門の会社みたいなのを雇った方が良いんじゃないか。

■富士S激走組は凡戦ちょい負けか圧勝馬を
■アイルは久々のマイル戦。距離鮮度を補完したディープには要注意


総評:ミッキーアイルが逃げ切る。直線よれて2着以下は可哀想だった。
1着ミッキーアイル SM…気分よく行けた。低レベルでの人気落ちとはいえ、しぶとかった
2着イスラボニータ CS…フジキセキだから混戦中枠は合う。激走後も2着なら耐えられた
3着ネオリアリズム S…激走後だけに開けたのは正解。ムーアでなければ4着以下だった
4着ダノンシャーク CM…バウンド短縮の短縮ショッカー馬。内枠も合うが、不利に泣いた
5着サトノアラジン LC…典型的なトライアルホース。G1には凡走後の人気落ちの臨戦で
・6着以下
6着フィエロ LC…サトノアラジンとほぼ同じ馬(笑)。デインヒルで交互の道悪で注意したい
7着ガリバルディ M…鮮度のあるディープだったが、ややポテ証明不足だった。外伸びなら
8着マジックタイム SM…やや時計の掛かる馬場は合うが、後ろすぎた。馬体も太かったか
9着ロードクエスト LS…伸び伸び走りたいタイプで内枠不向き。広いコースの外伸びベター
13着テイエムタイホー SL…差し競馬で1.1差なら復調気配。中頭数のダウン坂コースで