スプリンターズS 中山芝1200m 不的中
ラップ:11.8 - 10.5 - 11.1 - 11.2 - 11.2 - 11.8(33.4-34.2)
◎ミッキーアイル
○スノードラゴン
▲レッドアリオン
△ダンスディレクター
△ベルカント

雑感:断然人気の内枠福永は今に始まったことではないので、古参競馬ファンに驚きは無いと思います。1枠1番を引いた時点でビハインドザマスクがよぎりましたし\(^o^)/ しかしレッドファルクスは読めませんでした。こういう破壊力ある差し馬に乗せたらデムーロは上手すぎる。次走以降で注目という意味ならネロ、サトノルパン、レッドアリオンですかね。ネロは高速平坦なら馬鹿勝ちできそう。サトノも平坦血統なので、京都で注目。レッドアリオンもサトノと同じお母さんで平坦特注血統。延長で前に行く位置取りショックを仕掛ければまだまだ走れると思います。ダンスディレクターは1回延長で前に行くとかダート使うとか、荒療治が必要かもしれません。また休みを挟むでもいいですけど…。まあ総評はまだ良かった頃のMを引きずる予想をしているようでは勝ち組になれないなと痛感しました。また勉強ですね。

■中山の馬場が変わって内枠(or内を走る)サンデー系の天下
■断然1番人気における福永はそれだけでリスク


総評:平均ペースで内決着。中山芝1200mは内枠の先行馬という定石を忘れていた。
1着レッドファルクス S…前走速い上がりの適性見せたのと初G1の鮮度。鞍上も上手くて
2着ミッキーアイル SM…外から好発切って粘り込む。摩擦が薄くて揉まれないと滅法強い
3着ソルヴェイグ S…前走激走後の4着を評価しなくてはダメだった。坂コースの内枠合う
4着シュウジ SL…キンシャサなら坂は不向きなので内容濃い。前走逃げたのが痛かった
5着スノードラゴン LC…差しに回る位置取りショック。もう少し激戦か馬場の悪化があれば
・6着以下
6着ネロ SL…併せてからもしぶとい。この血統では異様な頑張りで、今後も使い方次第
7着サトノルパン LM…行き脚ついて強い内容だった。基本はダウン平坦戦ベストの血統
8着ティーハーフ SM…完璧な騎乗も追い込むには厳しい馬場、展開だった。外伸びなら
12着ビッグアーサー S(LC)…逃げ後にペース落ちを控える逆位置取り。内枠も仇になり
14着レッドアリオン LS…混戦で追走に苦しんだ。次走延長を前に行く位置取りショックで