AJCC 中山芝2200m 不的中
ラップ:12.3 - 11.2 - 12.8 - 12.2 - 12.3 - 12.0 - 12.0 - 11.8 - 11.6 - 11.8 - 12.0 (36.3-35.4)
◎サトノラーゼン
○スズカデヴィアス
▲スーパームーン
△マイネルディーン
△ディサイファ
×ショウナンバッハ

雑感:ラーゼンだめか…。京都、東京で実績はありましたが、母父レッドランサム系で中山は悪くないと思ったんですけどね。こうなると平坦替わりの内枠が良さそうです。叩いての馬体を絞ってきたタイミングで。スズカは逃げの位置取りを取れたのは良かったんですが、思いのほかペースが速くて坂で止まってしまいました。坂コースではもっと楽に運びたいですね。ただそれでも6着には来たように、逃げられなかった逃げ馬のショックには常に気を配りたいです。マイネルディーンは先行させて活性化が欲しい、ディサイファは前走激走かと思ってラジオでは消していたんですが、よくよく戦績を見てみたら金鯱賞1人2着。今回も2人気への軽い人気落ちで反応しました。この馬かる〜くなめられると強い(笑) ショウナンバッハは戸崎が完璧に乗っていました。東京実績が目立っていますが、本質は中山でしょう。今後は東京の外枠では切りたいですね。

■中山金杯で人気より激走した馬は相性悪い
■基本格重賞。条件戦組なら使い詰めていない新鮮さのある馬を


総評:後半6Fからのロングスパート展開。持続質向きの馬が上位を独占した。
1着ディサイファ M…+12だったので持続質戦は助かった。2人気に留まると強さを発揮
2着スーパームーン M…藤沢厩舎で優しめ。破壊力に欠ける分どんな条件でもまとめる
3着ショウナンバッハ C…終始内に拘り完璧な走り。血統的には中位人気の中山ベスト
4着マイネルフロスト SC…混戦Hペースの内枠はベストだが、逃げた後が余計だったか
5着ヤマニンボワラクテ L…キンカメ×エリシオで混戦不向き。5着は立派でダウン戦なら
・6着以下
7着マイネルディーン SC…混戦替わりで浮上。一度先行させれば、もっと強い相手でも
10着サトノラーゼン CS…先行させた判断は正解だったが。叩いてからの平坦替わりか
11着ライズトゥフェイム LM…少頭数激走後のアップで投げ出した。ダウン外伸びベター
12着マイネルメダリスト C…持続質戦合うが、内枠差しの方が味が出る。Hペース差しで
15着ルルーシュ L…長期休み明けで先行できたのは収穫。叩いての延長+東京で注意