オールカマー 中山芝2200m 不的中
タイム:2:11.9
ラップ:12.5 - 10.9 - 12.4 - 12.4 - 12.6 - 12.6 - 11.9 - 11.7 - 11.4 - 11.7 - 11.8 (35.8-34.9)
◎マリアライト
○マイネルフロスト
▲ヌーヴォレコルト
△ミトラ
△サトノノブレス
×メイショウカドマツ

雑感:牝馬のワンツー。後傾ラップのレースは斤量差が大きいのか、どの距離を見渡しても牝馬の比重が大きくなってきましたね。勝ち馬はC系で内枠向き、ヌーヴォもCがあって内枠は合いますね。ヌーヴォはあくまで挑戦者って立場の方が良い馬で1人気だと取りこぼすのはハーツらしいですね。もっと激戦ならヌーヴォの方が強いんでしょうけど…。

■G1馬がワンツー。オールカマーは格がモノをいうレース
■宝塚記念3着以内の馬は好相性。ダウンで迂闊に消せない


次走以降の注目馬:人気ブログランキング
→先行してしぶとかった。父は短縮向きも、逃げられるなら延長でも。

総評:牝馬のワンツー。勝ち馬は嵌ったとはいえ、強かった。牡馬が情けない…。
1着ショウナンパンドラ C…C系だから強い相手の多頭数内枠はベスト。外枠なら消したい
2着ヌーヴォレコルト SC…重賞1人1着経験が無く、本来は中位人気でこそ。激戦内枠で
3着ミトラ M…休み明けの人気落ちは合う。もうちょっと短い距離の方が良さが出そうだが
4着ロゴタイプ SC…2200は若干長いので、まずまず。ただ東京、京都だと切れ負けする
5着マリアライト M…外枠から正攻法の競馬。道悪Hペース等、他馬が破綻する条件なら
神戸新聞杯 阪神芝2400m 不的中
タイム:2:26.7
ラップ:12.6 - 11.1 - 12.8 - 12.9 - 13.0 - 13.1 - 12.7 - 12.4 - 12.0 - 11.0 - 11.4 - 11.7 (36.5-34.1)
◎リアルスティール
○サンライズセンス
▲レッドアルティスタ
△キロハナ
△バイガエシ
×アルバートドック

雑感:リアファルは仕方ないとしてもトーセンバジルは買わなくてはダメでした。アルバートドックなんか買ってる場合じゃ無いでしょう…。距離が延びれば延びるほど、ディープの支配力が落ちますからね。リアファルは前走のレベルが高くて、ダウン戦のロブロイだったということにします(笑)。

■2400になってから、ダービーで掲示板に入った1人気はこれで[5-2-0-0]
■凡走後のバウンド延長L系はしっかり買っていこう


次走以降の注目馬:無し

総評:差し馬が1人気でスローの3F戦。勝ち馬に勝って下さいという流れだった。
1着リアファル LM…前走同様楽な逃げ。断然の1人気が差し馬で、前に圧力が無かった
2着リアルスティール CL(S)…同世代の内枠なら安定。本質は2000m前後の分届かず
3着トーセンバジル L…ハービンジャーで延長の休み明けは良い。坂もパワーが活かせた
4着バイガエシ S(LC)…ジャンポケ×ダンスだから、消耗戦の方が良い。菊で見たいが…
5着ジュンスパーヒカル S…Vラインでインから追い込む。ファルブラヴだから、短縮向きか
【昨年の10月のG1 3戦3勝! 乗るなら今です】

昨年10月に行われた

スプリンターズステークス(G1)
秋華賞(G1)
菊花賞(G1)
この3つのG1を全て的中!



こちらが昨年10月のG1の的中実績です。




今年の10月に行われるG1も当然期待できますね。


こちらから無料で見れます。
「去年当たっているからって今年も当たるとは限らないでしょ」


「去年とはメンバーも違うし去年の的中は当てにならないじゃん」


そう思われる方もたくさんいるでしょう。


しかし良く考えてみてください。


誰にでも得意なものってあると思うんです。



競馬にしてもそうです。


エリモハリアーは函館記念を3連覇しました。


スピルバーグは東京競馬場で
、スピルバーグのお兄さんの
トーセンラーは京都競馬場ではかなりの確率で好走します。



予想も同じです。




去年、10月のG1を全て当てているからこそ、
今年も当たる可能性が高いと言えます。



「歴史は繰り返す」


今も多くの人が口にする言葉です。


是非今年の10月に行われるG1の予想を

無料で見てみてください。



こちらから無料で見れます