スプリンターズS出走予定各馬の見解を(評価は☆〜★★★★★の10段階)。
[]内の数字は過去15年のものです。

アクティブミノル SL系 ★★☆
 スタチューオブリバティ×アグネスタキオンのSL系。父はC系の種牡馬だが、同馬は先行力があってS主導のタイプ。前走セントウルS1着馬は[1-2-1-10]。3人気以下だと[0-1-0-6]。休み明けで逃げの位置取りを決めて0.0差では手が出しづらい。
ウキヨノカゼ LS系 ★★
 オンファイア×フサイチコンコルドのLS系。前走キーンランドC1着馬は[1-1-0-6]。好走した2頭はどちらも2人気以内でストレスが少なかったタイプ。2連勝中だが、母父から単に洋芝適性が高かった可能性も否めない。揉まれたくないので、外枠欲しい。
人気ブログランキング CS系 ★★★★
 父はC系種牡馬で母父はS主導のヘイルトゥリーズン系種牡馬。父のCを母父のSでフォローし、心身構造のしっかりしたタイプ。前走は人気に支持されて外枠を引いた為、無難な乗り方になってしまった。C系でアップは問題ない。良馬場で内枠引ければ。
ハクサンムーン S系 ★★☆
 アドマイヤムーン産駒のS系。セントウルS6着以下は[2-1-1-28]と連対率は低いが、この勝ち馬2頭は共に逃げている。同馬は全盛期を過ぎて、現状好走には特殊馬場やショックが必要な状態。逃げれば位置取りを仕掛けられて穴パターンと合致するが…。
サクラゴスペル SM系 ★★★
 サクラプレジデント×Cure the BluesのSM系。一時は不振だったが、オーロCで逃げてから復調気配に。前走安田記念組は[2-1-1-11]。好走馬は全馬当日3人気以内だった。ただ同馬は休み明けから走れるので、交互系の凡走後のダウンと捉えれば。
ミッキーアイル SM系 ★★☆
 ディープインパクト×ロックオブジブラルタルのSM系。阪急杯激走後に高松宮記念を好走したのは驚いたが、所謂ディープの距離鮮度ということ。今回休み明けは悪くないが、安田の内容からも流れに突っ込むと良さが出ない。凡走後の1400mがベストか。

ここまでの6頭の考察を終えて、とりあえず一番魅力があるのは人気ブログランキング
いやまあ普通に強いです。
父が重馬場と外枠が苦手なので、良馬場内枠という条件は欲しいですね。
人気馬の中では一番無難な選択肢だと思います。

-------------------------------------------------------------------------------------
PR
【スプリンターズSは“大チャンス”と思ってください!】

→→→→→→→→→→→→→→→→→→
↑最強スプリンターを決定する熱き一戦↓
←←←←←←←←←←←←←←←←←←

       10/4(日)◆スプリンターズステークス(G1)◆

 実力馬2頭は高確率で馬券圏内に入る!

    狙うはヒモ荒れ3連単!
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄スプリンターズSで激走する4頭とは!?

     今なら期間限定で、
買い目情報、レース考察がご覧になれます。
      ▽     ▽ 
詳細はコチラ

昨年は新潟開催でしたが、
今年は従来の中山開催で行われるスプリンターズS。

同じG1の1200M競走である、
3月29日(日)高松宮記念(G1)は参考になりそう・・・

と思うかもしれませんが、
コースの特徴も開催の季節も異なる為、
実はほとんど参考になりません。

実際、高松宮記念に出走していなかった馬の方が
好成績なのです。


その理由は、このコースはスピードだけで押し切るのは困難で、
高松宮記念以上にパワーと底力が求めらるという事です。

それでは、今年のスプリンターズステークスの
傾向と特徴を見て勝ち馬を紐解いていきましょう!

◆──────────────◆

■日本馬の6歳以上は不振な傾向にあります。

 パワーと瞬発力がいるレースですので、
 衰え始める年齢である6歳以上の馬は不振に終わってしまうのでしょう。

 ただ、海外馬の年齢別成績を見ると、
 3着以内に好走したのはすべて「6歳以上」の馬です。
 海外馬を評価する際は、「6歳以上」の馬を重視すべきでしょう。


■1〜3番人気の馬が連対を外したデータは、
 過去10年のレースの中では、1度もありません。

 更に、過去10年で実に7回も6番人気以内の馬が結果を出しています。

 人気にはあまり逆らわない方が賢明だと言えます。

■過去10年で連対している馬の95%は重賞で2勝以上している傾向があります。


 このデータも見逃し厳禁ですので、
 過去データをしっかり見ていきましょう。

■ステップレースももちろん参考になります。
 スプリンターズステークスの10年間で馬券圏内に入った30頭中13頭は、
 セントウルステークス出馬組が来ています。

◆──────────────◆

これらのデータを見ると一見、
実力馬ばかり来るように思うかもしれませんが・・・


実は1頭だけ、この夏で覚醒を遂げ、
成長が著しいと騒がれている伏兵馬が!!


スプリンターズSを賑わすその馬とは!?

詳しいレース解説と併せてご覧ください。

詳細はコチラ