京成杯AH 中山芝1600m 不的中
ラップ:12.7 - 11.3 - 11.4 - 11.6 - 11.7 - 11.5 - 11.3 - 11.8 (35.4-34.6)
◎ブレイズアトレイル
○アルマディヴァン
▲コスモソーンパーク
△ダローネガ
△シャイニープリンス
×グランシルク

雑感:なにこの毎回勝ち馬が変わる感じのレース。とりあえずグランシルクは見直しました。将来楽しみです。負けた馬にはCやSの強い馬が多く、穴ホースの素質のある馬ばかり。ただ富士Sは買いたい馬が多くなりそうで、嫌な予感しかしません(汗)。

■関屋記念激走組は相性悪い
■多頭数戦でまとまり系の人気落ちは注意(内〜中枠)


次走以降の注目馬:人気ブログランキング
→本質はHペースの差し競馬なので、次走差しに回る位置取りショックを仕掛ければ。

総評:1着からビリまで0.9差の大接戦。中山らしくやや重めの決着ではあったが。
1着フラアンジェリコ SC…ネオユニで坂コースは合う。SC系だから多頭数の混戦も向いて
2着エキストラエンド M…近走安定しているのに、人気急落。高速馬場敗退後も良かった
3着ヤングマンパワー SC…中山合うし、ダンチヒは激走後でも人気据え置きだと強いので
4着グランシルク SC…+12は成長分。勝ちに等しい内容で、今後が楽しみ。もっと激戦で
5着ショウナンアチーヴ CS…京王杯で先行してから状態上向き。強い相手には内枠必須
・6着以下
6着シャイニープリンス SC…やはり外枠は合わないか。Vラインを刻んでおり、次走も注意
7着アルビアーノ S…連チャン後で不振期っぽい走り。特殊馬場や位置取りSなどが欲しい
10着アルマディヴァン C…内枠合うが、詰まって追えず。使い詰めで、そろそろ疲労が怖い
12着コスモソーンパーク C(S)…C系で先行競馬は合わない。混戦の多頭数内枠がベスト
16着レッドアリオン LS…以前よりL化した感じ。こうなると楽逃げ後の馬群では為す術無し
PR
【スプリンターズSは“大チャンス”と思ってください!】

→→→→→→→→→→→→→→→→→→
↑最強スプリンターを決定する熱き一戦↓
←←←←←←←←←←←←←←←←←←

       10/4(日)◆スプリンターズステークス(G1)◆

 実力馬2頭は高確率で馬券圏内に入る!

    狙うはヒモ荒れ3連単!
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄スプリンターズSで激走する4頭とは!?

     今なら期間限定で、
買い目情報、レース考察がご覧になれます。
      ▽     ▽ 詳細はコチラ

昨年は新潟開催でしたが、
今年は従来の中山開催で行われるスプリンターズS。

同じG1の1200M競走である、
3月29日(日)高松宮記念(G1)は参考になりそう・・・

と思うかもしれませんが、
コースの特徴も開催の季節も異なる為、
実はほとんど参考になりません。

実際、高松宮記念に出走していなかった馬の方が
好成績なのです。


その理由は、このコースはスピードだけで押し切るのは困難で、
高松宮記念以上にパワーと底力が求めらるという事です。

それでは、今年のスプリンターズステークスの
傾向と特徴を見て勝ち馬を紐解いていきましょう!

◆──────────────◆

■日本馬の6歳以上は不振な傾向にあります。

 パワーと瞬発力がいるレースですので、
 衰え始める年齢である6歳以上の馬は不振に終わってしまうのでしょう。

 ただ、海外馬の年齢別成績を見ると、
 3着以内に好走したのはすべて「6歳以上」の馬です。
 海外馬を評価する際は、「6歳以上」の馬を重視すべきでしょう。


■1〜3番人気の馬が連対を外したデータは、
 過去10年のレースの中では、1度もありません。

 更に、過去10年で実に7回も6番人気以内の馬が結果を出しています。

 人気にはあまり逆らわない方が賢明だと言えます。

■過去10年で連対している馬の95%は重賞で2勝以上している傾向があります。


 このデータも見逃し厳禁ですので、
 過去データをしっかり見ていきましょう。

■ステップレースももちろん参考になります。
 スプリンターズステークスの10年間で馬券圏内に入った30頭中13頭は、
 セントウルステークス出馬組が来ています。

◆──────────────◆

これらのデータを見ると一見、
実力馬ばかり来るように思うかもしれませんが・・・


実は1頭だけ、この夏で覚醒を遂げ、
成長が著しいと騒がれている伏兵馬が!!


スプリンターズSを賑わすその馬とは!?

詳しいレース解説と併せてご覧ください。

詳細はコチラ