皐月賞 中山芝2000m 不的中
タイム:1:58.2
ラップ:12.5 - 10.7 - 12.0 - 11.8 - 12.2 - 12.2 - 12.1 - 11.7 - 11.4 - 11.6 (35.2-34.7)
◎サトノクラウン
○ベルーフ
▲クラリティスカイ
△ドゥラメンテ
×リアルスティール

雑感:あんなノースサンデーみたいな競馬で失格にならないなら、もう失格は出てこないのでは。ちょっと腑に落ちないですね。本命のサトノは前走というくくりで見ればローテ的に買いだったと思うのですが、間隔開けたL系の延長激走後で-8が響いたのだと思います。例えば、ホープフル→弥生ならまだ良かったかもしれませんが、東スポ→弥生だと間隔が開き過ぎて反動が大きかったのかも。完全に後付けですけどね(泣)。クラリティは昨年のウインフルブルームと同じ、母父スペシャルウィークの逃げでしたが5着まで。もう少しスローなら残っていたかもしれません。布石を使った後なので、次走NHKなら切りたいですね。ドゥラはよく考えれば同馬もS系マイラーって感じの馬で、皐月賞はぴったりの舞台でした。ダービーでは切りの方向で。まあ、セプターより量はありそうですが。キタサンは自信の消しって言っておいて走られる体たらくorz これが一番驚きました。もっと精進します。

■高速馬場になればなるほど、ポテンシャル持ちのS系マイラー特注
■皐月賞は内枠の外人騎手を買ってればいい


総評:前半59.2の平均速めのペース。かなりの高速決着で反動には気を使いたい。
1着ドゥラメンテ S++L(LC)…3冠の中なら皐月賞という馬。鮮やかゆえにダービーでは?
2着リアルスティール M…馬体絞って延長を前に行く形。今年に関しては鞍上も乗れてる
3着キタサンブラック S…S保有馬に有利な流れ。連勝馬で、未知数な部分が大きかった
4着ブライトエンブレム S…上位とは高速適性の差。内容濃いが、ダービーは道悪が理想
5着クラリティスカイ SM…S強く、ショックへの食い付きが良い。もう少し楽に行きたかった
・6着以下
6着サトノクラウン LC(S)…スタートで出遅れたように反動あった感じ。L系で馬体戻したい
7着ミュゼエイリアン SM…前走楽だった分、内容悪くない。父の産駒はなかなかしぶとい
9着スピリッツミノル SL?…臨戦考えれば良く走っている。S強めかも。特殊馬場の逃げで
11着ダノンプラチナ CM…ディープにしては重いし、大外枠と馬体減が響いた。内枠向き
14着ベルーフ LC(S)…後方に置かれてしまいそのまま。ここまでの高速馬場は酷だった