京成杯 中山芝2000m 不的中
タイム:2:01.1
ラップ:12.4 - 11.0 - 12.9 - 11.7 - 12.6 - 11.7 - 12.0 - 11.9 - 12.3 - 12.6 (36.3-36.8)
◎ツクバアズマオー
○プレイアンドリアル
▲ヴォルシェーブ
△ピオネロ
△ホルボッシュ

雑感:良い事と悪い事が表裏一体のこの世の中、着順が逆なら◎−△でワイド的中。最弱馬BCを見ても、トップを取るというのは難しいものなのです。一番簡単なのは日東駒専クラスの大学に入って中流企業に就職して福圓美里レベルの顔の奥さんと結婚して男の子と女の子を一人ずつもうけて、埼玉県にある3LDKのマンションで地味に暮らすことなのです。うわー超むずそー、アデイインザライフとか普通に初重賞で来るんかい。エア消せるくらいしか読めなかった。ツクバは単純に力不足。プレイアンドリアルは弥生賞勝つとバルクの二の舞。スプリングから好リズムで一気に行けば良い。適性は皐月>ダービーでしょうね。

■叩かれながら未勝利勝ちの馬が今年は0。来年注目
■ホープフル勝ち馬はアップに対応できる血統かどうかが鍵


総評:平均ペースで持続質な流れ。勝ち馬以外は見込み無さそうなメンツ
1着プレイアンドリアル S(LC)…ダウンなのに人気落ち。延長適性も高く完勝
2着キングズオブザサン C…葉牡丹組は相性最悪で上々。Hペース混戦合う
3着アデイインザライフ S…母父のバクシンオーからSを供給。距離短縮で注目
4着ピオネロ S…ネオユニだから中山の中距離はピッタリ。Hペースの坂コース向き
5着マイネグレヴィル SC…ホープフル凡走組はここが限界。凡走後の混戦で
・6着以下
6着ヴォルシェーブ SM…終始外を回されて可哀想だった。次走は差したい
7着アグネスドリーム L…逃げるとしぶとい。少頭数で弱い相手の単騎なら
11着エアアンセム M…ストレスある状況で揉まれて投げ出す。ノーストレス時で
15着ツクバアズマオー C…展開、馬場、位置取り全て良く単純に能力不足
16着ホルボッシュ LM?…藤沢厩舎でLもある。楽に行ける中頭数戦向きか