京都金杯 京都芝1600m 不的中
タイム:1:32.5
ラップ:12.4 - 11.0 - 11.3 - 11.9 - 11.5 - 11.3 - 11.4 - 11.7 (34.7-34.4)
◎オースミナイン
〇ガルボ
▲トーセンレーヴ
△マイネルラクリマ
△サンライズメジャー
△ブレイズアトレイル

雑感:今年も内枠に入ったルメールのディープ産駒というオチ。内伸びでしたし、内枠のルメールってだけで押さえても良いレベル。しかしここまで速い上がりに対応してくるとは思いませんでした。トーセンラーもそうでしたけど、初マイルのディープ産駒は多少過剰人気でも買わなきゃいけないかもしれません。特にスローなら追走も楽でしょうしね。オースミナインはまずまず無難に乗り切った感じで、及第点。今回思ったのはディープ産駒は初重賞より2〜3戦目の方が良さそうだという事ですね。ディサイファも2戦目で馬券圏内、エキストラエンドも3戦目で快勝。サンデーやトニービンのような痛烈なCがない分多少の慣れが必要なのかもしれません。初G1で来るディープも重賞を過去に1〜2回走ってるケースが多いので(ラキシス等)。

■ハンデ重賞らしく格上挑戦馬がよく台頭する
■京都金杯は毎年のように内伸び。差し馬なら内枠必須


総評:スローで、逃げ・先行馬か内の差し馬優勢。外の差し馬は仕方ない
1着エキストラエンド M…ローエンの下でマイルも問題無し。ダウン休み明けも良く
2着オースミナイン M…鮮度は抜群だし、京都マイルもベスト。内突きも完璧で
3着ガルボ LC…摩擦薄馬場なら連続好走利く。もう少し前に付けたかった
4着ブレイズアトレイル S…馬体絞れたし、行けば残れる馬場で。坂欲しい
5着シャイニープリンス SC…凡走後のアップ中位人気は良い。Hペース向き
・6着以下
8着トーセンレーヴ L(CL)…内を突けず8着止まり。中頭数のダウンOP戦で
9着テイエムオオタカ SM…根幹重賞ではもう厳しい。1800の単騎逃げなら
10着サンライズメジャー SM…外枠の差しは無理な流れ。次走注目したい
11着マイネルラクリマ SC…疲労あって前に行けず。Hペースアップ激戦向き
15着メイケイペガスター S…気性悪く好走後の人気では?現状中位人気で