中山金杯 中山芝2000m 的中
馬連 100×83.9=8390
3連複 100×72.5=7250
タイム:2:00.1
ラップ:12.2 - 10.5 - 12.4 - 11.8 - 12.5 - 12.1 - 12.0 - 12.2 - 12.1 - 12.3 (35.1-36.6)
◎カルドブレッサ
〇サクラアルディート
▲サムソンズプライド
△ディサイファ
△オーシャンブルー

雑感:金杯当てたの久々だ(遠い目)。カルドブレッサは昨年日経新春杯を外した時の因縁の馬で、その馬を本命にして馬券を取れたというのは大きいですね。中山の芝が重くなっていますが、これなら軽いレースで勝ってきてストレスを抱えたディープが飛ぶ可能性も高くなるので、この変更は大賛成。一昔前の中山金杯を見ているようでした。注目馬は大外枠で即切りだったケイアイチョウサン。強い内容で、内枠ならすぐ結果を出しそうです。ただこのレース振りだと今後も人気しそうなんで、前残り馬場のスロー戦で切っていくという方が付き合い方としては正解ですかね。ディサイファの大幅増は小島太の十八番ってことで。

■ジャンポケ、ステゴどちらも中山芝2000m特注
■根幹重賞らしく混戦になるとC、S主導の馬が台頭してくる


総評:重い馬場、Hペースで一昔前のよう。混戦向きの馬が上位を占めた
1着オーシャンブルー C…馬体絞って多頭数内枠。今の重めの中山も合う
2着カルドブレッサ SC(L)…2走前捲って活性化。持続質替わりで一変した
3着ディサイファ M…パワー型ディープで3着確保。混戦では上2頭に分があり
4着マックスドリーム S…母父パラクリで坂コースの根幹距離合う。Hペースベター
5着ケイアイチョウサン C…好騎乗もプラス体重が響いた。中位人気混戦で
・6着以下
7着サムソンズプライド S…展開悪くなく力負け。重賞はOPで揉まれてから
8着コスモファントム M…手応え良く早め抜け出しで8着。復調してきた感じ
9着サクラアルディート CL…地力証明薄く混戦だと辛い。現状弱い相手で
11着ユニバーサルバンク L…中山得意も母父から非根幹の緩いレース向き
13着ミッキーパンプキン LC…休み明け合うが、混戦不向き。ダウンOP戦で