マイルCSの出走予定馬の見解その3です(評価は☆〜★★★★★の10段階)。
[]内の数字は過去15年のものです。

レッドオーヴァル SL(LC)系 ★★★
 ディープインパクト×Smart StrikeのSL(LC)系。M系の多いディープ産駒にあって全く安定感が無い。おそらく気で走るタイプで、好不調の波が激しい馬だろう。スワンSでは2戦連続2桁着順の不振を払拭する走りを見せつつ馬体も増やせたので、延長有利な内伸びスローの流れなら。3歳馬の初の古馬G1で鮮度は十分。
サクラゴスペル SM系? ★★☆
 サクラプレジデント産駒でタイプはよく分からない。しかし中山芝1200mで強かったり、思いのほか好走が続いたりと個人的にはSに頼って走るタイプに写る。オーシャン激走からの高松宮4着でさえ驚いたのに、安田記念でも5着にまとめたのは実力の証。春は間違いなく能力証明の連続だったので、戻っていれば好勝負。
ダノンヨーヨー S(LC)系 ☆
 ダンスインザダーク×フォーティナイナー産駒のS(LC)系。連チャン期で2着したのが3年前。マイラーズCで手応え抜群も前が開かずに凡走など時たま魅せる走りもする馬だが、その後の成績を見るにもう反発する力は残っていない。富士S10着以下も[0-0-0-10]。内伸びの内枠で4着する姿がかつての風物詩だったが…。
リアルインパクト S(CL)系 ★★
 ディープインパクト×MeadowlakeのS(CL)系。今やストームキャットでS注入ディープが流行っているが、その先駆け的馬である(笑)。富士Sを人気より走って2着した馬は[0-0-0-7]。2着という中途半端な着順を激走していると相性最悪。まだ勝った方が良かったか。先行脚質はプラスも京都遠征の堀厩舎+大外枠では。
リルダヴァル LM系 ★☆
 アグネスタキオン×サンダーガルチのLM系。富士Sでは久々の人気急落ということで狙ってみたのだが、指定席の4着に落ち着く。野路菊圧勝の余韻だけでここまで現役を続けてきた完成度だけが取り柄のまとまり系。ダウンのOP戦で8倍くらいのオッズの時に2〜3着する余生をこれからも存分に過ごしてもらいたい。
サンレイレーザー LC(S)系 ★★★☆
 ラスカルスズカ×CozzeneのLC(S)系。条件戦の内容からずっとただのL系だと思っていたが、朝日CCでその評価は一変する。そして洛陽Sからの4戦連続複勝圏確保。この中には2度のアップが含まれているわけで、昔の面影はもうどこにも無い。凡走後でストレス無いし、大幅な人気急落。京都芝1600mも[1-1-1-0]。
参考になったよ〜って方は是非→ブログランキングバナーブログランキング・にほんブログ村へ