超久しぶりに各馬の見解を(評価は☆〜★★★★★の10段階)。
マイルCSの出走予定馬の見解です。[]内の数字は過去15年のものです。

グランプリボス SC(L)系 ★★★
 サクラバクシンオー×サンデーサイレンスのSC系。かつては混戦向きだった同馬も、近走我慢が利かなくなってきている。そういう意味で凡走後は良い。スワンSで4着以下の馬は過去[1-0-1-36]。一応3着以内の2頭はG1馬だったので巻き返せる余地はあるが、昨年は毎日王冠の先行布石が大きかっただけにどこまで…。
サダムパテック S(LC)系 ★★
 フジキセキ×エリシオのS(LC)系。母父からフジキセキにしては量、体力があり距離延長や外枠もこなせる。ところがその分集中力に乏しく、どこか唐突さが生まれる結果となってしまった。休み明けの成績が良いことからも反動が出やすいタイプ。昨年は秋天凡走からのダウンだったので、ローテ的には昨年より大分劣る。
トーセンラー M系 ★★☆
 ディープインパクト産駒のM系。古馬G1はこれで3戦目になるが、初マイルというのは鮮度馬鹿のディープ的にはいい。ただ過去15年2200m以上からの短縮で複勝圏に入った馬はおらず、ましてや同馬はこれが初マイル戦。S主導のようなキツイタイプならだったが、それもちょっと違うので、人気するようなら静観したい。
ダノンシャーク CL(S)系 ★★☆
 ディープインパクト×カーリアンのCL(S)系。Sは若干弱いものの、全体的にどの要素も持ちまとまっているタイプである。富士S勝ち馬は過去[1-1-0-10]と相性良くない。だが好走した2頭は10、11年なので、反動が出にくくなったのはあるかもしれない。昨年は6着だったが、タイミング、鮮度を考えると昨年以上はどうか。
ダイワマッジョーレ MorLM系 ★★★
 ダイワメジャー×Law Societyという配合馬で、量の豊富なMorLM系。とにかく気の良さがウリのタイプで、速い上がりや延長にも対応してくる。スワンS2着馬は、好走したのに当日も人気薄だったタイプが面白い。同馬は人気になりそうなので、その点は微妙になる。しかしまとまってはいるので、あとは他馬の破綻待ち。
ダークシャドウ M系 ★★★
 ダンスインザダーク×Private AccountのM系。同馬にM系の評価を下す日が来るなんて、残念でならない。2年前までは間違いなく最強の中距離SC系だったのに…。近走の着順はM系の均衡状態であり、鮮度が無くなってからというもの見るに堪えない。ただ一応毎日王冠はVライン。これが本当同馬の見納めだろう。
参考になったよ〜って方は是非→ブログランキングバナーブログランキング・にほんブログ村へ