競馬関連でラジオ始めました!→まとまり系競馬サロン Mラジ

AJCC 中山芝2200m 不的中  収支:-7600(8戦0勝)
タイム:2:13.1
ラップ:12.3 - 11.5 - 12.2 - 11.6 - 12.1 - 12.2 - 12.4 - 12.5 - 12.1 - 11.5 - 12.7(36.0-36.3)
◎サトノアポロ

雑感:ダノンバラードはまとまりすぎてて、別定G2だとダコールよろしく買えなかったですね。いや、そもそも中頭数の関東重賞に別定G2なんて格を持ち出したのが間違いか…。まあ、中山記念はそれでもちゃんと格重賞になりますが。時計の掛かる馬場が得意という記述を見つけてなるほどなぁ〜(唸り)。個人的には前走の逃げが合わない印象だったので、今回の内枠差しが同馬にとっては苦→楽だったのではないかと。つまりダノンバラードで逃げてしまった北村友は、ローゼンクロイツ(in京都大賞典)で逃げた小牧と同種の騎手か(爆)。展開>>>(超えられない壁)>>>M3タイプ

■条件戦からの馬は人気で1着しつつ、S、C、Lなどはっきりしたタイプを。M系はひと押し欠く
■前走G1組が好相性。特に有馬記念1.0差以内の馬は確実性が高い


総評:レベルは高くないが、今後なら2、3着馬か。ルルーシュは休み明けのメトロポリタンで逢いましょう。
1着ダノンバラード CL(S)…前走の逃げが合わなかったのか内の差しが苦→楽になった。中頭数の内枠も良く
2着トランスワープ L(SC)…母父から量が豊富。連勝明けで不振期懸念したが、単純にLと考えるべきだった
3着アドマイヤラクティ SM?…ハーツのSをエリシオのLで中和し、安定感出る。他馬の破綻レース、ダウンで
4着サトノアポロ S(LC)…内枠、条件戦1人1着後は良かったが、格で押しのけられた。非根幹の弱い相手向き
5着マカニビスティー L?…万葉Sからの異端短縮S1。面白いローテだけに、外伸びや破綻があればだったが
・6着以下
6着マルカボルト S(LC)?…単純にまだ弱いので重賞はよほど向かないと。ダウン戦の中頭数高速馬場辺りか
7着ルルーシュ LM…疲労があるから出遅れる。使い詰めのL系で、走る気が落ちた状態。摩擦薄レース向き
9着ゲシュタルト LC(S)…どんな状況でも自分の分は走る馬。先行できたのはプラスも、鮮度失って均衡気味
12着ネコパンチ SL?…特殊馬場にならないと。高速馬場や不良馬場など他馬が苦戦する状況の単騎逃げで