競馬関連でラジオ始めました!→まとまり系競馬サロン Mラジ

京都金杯 京都芝1600m 不的中  収支:-2500(2戦0勝)
タイム:1:33.5
ラップ:12.4 - 11.2 - 11.7 - 12.1 - 11.6 - 11.5 - 11.2 - 11.8(35.3-34.5)
◎トライアンフマーチ
○ダノンシャーク
▲エーシンリターンズ
△ダローネガ
△エクスペディション
×トーセンレーヴ

雑感:昨年がHペース混戦だったこととシルポートがいないことを踏まえれば、スローに張るのが馬券的には正解で、そうなると内伸び馬場から考えてもダノンが一番無難な選択肢ではありました。私はダノンシャークと迷いに迷って最後初志貫徹トライアンフにしました。まあ、どのみち外れでしたが(爆)。トライアンフは58でスロー先行だとちょっと良さが活きないですね。坂コースHペース激戦を差す形が一番合いそうです。とりあえず安田記念の隠し玉で。ダノンはここで1人1着欲しかったですね…。ただ格は手に入れたので、内枠引ければもう少し強い相手でも。さて次走だけの注目なら8着、11着馬ですかね。前者は延長のダウンOP特別で、後者は芝1400m以下の平坦コースで。

■例年内伸びなので土曜の段階から逃げ、内枠を狙い撃ちの勢いで
■枠は5枠以内、脚質は逃げ、先行馬が優勢で典型的な前残り傾向
■ただ前半34秒台に突入すると、マイソールサウンドやライブコンサートなど混戦向きのC、S系レースとなる


総評:京都開幕週らしく、逃げ先行馬か内の差し馬しか間に合わない展開に。外の差し馬は仕方ない。
1着ダノンシャーク C+L(S)…ペースもちょうど良かったし、内伸び馬場で最内枠のCL系。全て向いたので完勝
2着トライアンフマーチ CS…短縮スローの先行で物理的には有利も、激戦の差しの方が破壊力出るタイプで
3着ヤマニンウィスカー S?…単純に前走のHペース逃げ切りを評価すべきだったし、この馬場なら抑えないと
4着サウンドオブハート L…休み明け激走後で反動あったし、上位馬の方が展開向いたので。ダウン戦特注
5着ブリッツェン L…とりあえず前に行けば残れる馬場だったので。母父カーリアンだから開幕週スローは合う
・6着以下
6着ショウリュウムーン LC(S)…Hペースの坂コース人気薄激走後にSペースの平坦で人気では。凡走後向き
7着トーセンレーヴ CL…あまり人気落ちなかったし、外枠からぐるり回って勝つタイプではなく。ダウン内枠で
8着シャイニーホーク CL?…最後方から大外回して8着は立派。フジキセキだから芝1400m以下の平坦戦で
11着ネオヴァンドーム S(CL)?…一番ロスのある競馬だった。ネオだから1800m以上のレースで。OP特別向き
12着エーシンリターンズ L…この馬場で先行してのものだから、状態良くないか。摩擦薄レースで巻き返し