神戸新聞杯 阪神芝2400m 不的中
タイム:2:25.2
ラップ:12.6 - 10.7 - 12.7 - 12.4 - 12.3 - 12.5 - 12.6 - 12.0 - 11.6 - 11.7 - 11.6 - 12.5(36.0-35.8)
◎カポーティスター
○ベールドインパクト

雑感:ゴールドシップが純C系なら休み明けの外枠でこの勝ち方はできないでしょう。私は同馬をC系だと思って消しただけに完敗です。でもヒシミラクルも勝つときは捲って勝ってましたね…う〜む。毛色といい似たタイプかもです。ヒシより量はありそうなので、LCでしょうか? 少しひねってLC(CS)あたりが妥当ですかね。量と体力があるし、この分だと菊花賞も安泰でしょうね。一方本命だったカポちゃんはここと次の東京で敗退。また来年の夏頃走ってそうですけど、量勝負向きでしょう。さて、菊花賞に向けてはどうですかね…。一応、前で頑張ってたユウキソルジャーとマウントシャスタの2頭に注目したいと思います。

■ペースが締まると中〜長距離馬、スローだとマイラーが台頭しやすい
■2400mになってから条件戦組は不振で、[0-0-2-23]
■差し決着になりやすい為、前走先行していた馬も相性悪い


総評:一貫したペースに加え、例年より馬場も外伸び。ペースが上がると長めの馬が台頭するイメージ。
1着ゴールドシップ LC(CS)…休み明けの外枠を克服し、重賞1人1着の経験を獲得。本番に向けて視界良し
2着ロードアクレイム ?…勝ち馬の直後に付け流れに乗った。血統的にはC系だが、Cっぽくない。L条件で
3着マウントシャスタ LC(S)…ディープの割には消耗戦にも対応してくる。母父フレンチで延長も苦にしない
4着ユウキソルジャー L…2走前Vラインで走り、短縮にも対応。母父オースミタイクーンでLっぽく延長向き
5着ローゼンケーニッヒ ?…シンボリクリスエス産駒だが、母がローズバドでCもありそう。マイル戦で注意か
・6着以下
6着エーシングングン LC(S)…いかにも消耗戦向きな走り。ポストエーシンダードマンか(笑)。延長Hペースで
7着ヒストリカル CM…兄のカンパニー同様、距離適性は2000前後にありそう。無理せず来年に備えて欲しい
9着カポーティスター LS…延長で控えてたとはいえ、この条件は合うと思うので案外。揉まれないレース向き
10着ベールドインパクト L…ダウンの休み明け、距離も良かったが完敗。非根幹距離の方が競馬がしやすい
11着メイショウカドマツ SL…Dメジャー産駒でS主導。惨敗後でも気分良く行ければ巻き返す。S条件注意