日本ダービーの出走馬コメです。[]内の数字は過去20年のものです。

スピルバーグ CL(S)系 ★★★
 ディープインパクト×LyciusのCL(S)系で、昨年ダービー向きと言われながらも重馬場で脆くも崩れ去ったトーセンラーの弟である。同馬も兄同様広いコースの上がり勝負向きの馬だろう。しかし後傾ラップの毎日杯でも激走してるように一定の安定感はある。狙うなら人気落ちでマチカネアカツキ的な穴。2〜3着の紐で。
ヒストリカル CM系 ★★☆
 ディープインパクト×ノーザンテーストのCM系。相性の良いきさらぎ賞連対馬であるし、緩い流れになればかなり強そうである。同馬の場合、問題は毎日杯から間隔を明けたローテだろう。タイプ的に休み明けはこなせるだろうが、ダービーとなると本気度に疑問符。兄の若い頃同様追い込み脚質で外伸び欲しい。
ゼロス LS系 ☆
 キングカメハメハ×サンデーサイレンスのLS系。逃げという脚質もそうだが、母父サンデーらしさは影をひそめ、まんまキングマンボが出たような馬である。皐月賞は位置取りショックに期待したものの、逃げられず惨敗。今回はさすがに逃げることは可能だろうが、ちょっと皐月賞で負けすぎ。巻き返しは期待薄。
ジャスタウェイ LS系 ★☆
 ハーツクライ×Wild AgainのLS系。NHKマイルC4着以下の馬は過去[0-1-0-22]。唯一好走したのはアサクサキングスで、3人から14人の人気急落だった。着順だけで言えば4人6着後なのでアサクサより有利だが、きさらぎ賞よりアーリントンCの方で激走したようにややS寄り。よって大幅延長は微妙。厳しい。
ベールドインパクト LC系 ★☆
 ディープインパクト×ドクターデヴィアスのLC系。母父によってこういう馬が生まれるあたり、サンデーの後継者というかサンデーを見ているようである。つまり母父の影響を受けやすいということ。得てして種牡馬として成功するのはこういうタイプである。同馬は母父からLを受け継ぎ、ダウン向きの馬に。現状G1は厳しい。
ゴールドシップ  CS系 ★★★★☆
 ステイゴールド×メジロマックイーンのCS系。この馬の特筆すべきレースはラジオNIKKEI杯と共同通信杯だろう。前者は休み明けを大外捲りで2着し、C主導でありながら量と体力を証明。後者は初めての先行する競馬で33秒台の上がりを披露。この2レースで一気に隙が無くなった。同馬が間違いなく一番強い。
コスモオオゾラ S(CL)系 ★★☆
 ロージズインメイ×コマンダーインチーフのS(CL)系。皐月賞では4着に敗れたが、弥生賞激走後に加え先行馬総崩れの中だったので、強い内容ではあった。ただ、皐月賞自体が力の要る重馬場で行われたため同馬に向いた条件だったのも確か。高速馬場の上がり勝負だと切れ負けは避けられない。馬場と展開次第。
ワールドエース ?系 ★★★
 ディープインパクト×Acatenangoでタイプは分かりづらい。前走は躓きながら2着と強い内容。しかし、いかにも広いコース向きですよと思わせてまた後方からだと再度差し損ねそう。事実前走皐月賞で4角13番手以下の馬は[0-1-2-27]である。2強戦は意外と片方が脆く、どちらかが崩れるとしたら同馬だと思うが果たして。
エタンダール L系 ★★
 ディープインパクト×モンジューのL系馬で母父から量を供給している。前走は楽逃げ後に差して2着しており、内容自体は良かった。しかし青葉賞2着以下は過去[0-0-0-21]と、ローテ論者としては手が出せない。混戦は苦手なタイプだと思うので、とりあえず坂コース実績から人気必至のラジオNIKKEI賞で消す!(笑)
参考になったよ〜って方は是非→ブログランキングバナーブログランキング・にほんブログ村へ