データは過去20年

・桜花賞馬
[4-2-5-6]

・この内0.3以上圧勝の馬を除く
[4-2-4-3]

・この内2番人気以内で勝利
[4-2-4-1]

複勝圏を外したのは昨年4着だったマルセリーナ1頭。
桜花賞馬がオークスで敗れる最大の原因は、自身のSが強すぎることにある(短距離志向が強い)。
ニシノフラワー、キョウエイマーチ、テイエムオーシャン、ダンスインザムード等
これらの面々はマイル以下の距離で逃げて圧勝してしまうようなSの強い馬だった。
マルセリーナも阪神牝馬Sで2着だったように、ディープインパクト産駒にしてはSの強いタイプで、
大幅延長となるオークスが不向きなレースだったのは言うまでもない。

ジェンティルドンナはディープインパクト×Bertoliniという配合でまとまり色が強い。
少なくともマルセリーナよりはSが弱いタイプだと断言できる。
以上の事からジェンティルドンナの3着以内はかなり堅いのではないか。
また桜花賞馬がオークスで桜花賞より人気を落としたことは過去一例もない。
ジェンティルドンナは桜花賞を2人1着なのにオークスで3番人気になりそう。ダンチヒが黙っちゃいないだろう(笑)