皐月賞出走馬全頭コメント後半戦です!

ナカヤマナイト C系 ★★★★☆
 ステイゴールド産駒のC系馬。しかし決してスケールのないただの混戦向きタイプということではなく、なかなか高い次元でまとまっている。多頭数経験に加え、速い上がりで勝てたり、脚質の幅があったりとどんな競馬でもできるのが同馬最大の長所。共同通信杯組は相性イマイチだが、バウンド式を取っているのは大きい。
ノーザンリバー L(S)系? ★★☆
 アグネスタキオン×マキャベリアンのL系配合馬。ただ全兄のノットアローンはSの強い馬だったので、同馬もS主導かもしれない。2走前にダートという厳しい経験が補完されているとはいえ、アグネスタキオンなので少頭数外枠激走→多頭数戦では食指が動かない。バウンド延長取れなかったのも痛恨。迷いながら消し。
ビッグロマンス LSorSL系 ☆
 グラスワンダー×ダンシングブレーヴのLSorSL系。グラスワンダーは芝向きの種牡馬なので、血統的には悪くないと思う。せめて芝連対歴でもあれば面白いのだが、芝は2回入って5着、11着。これはもうダートへのダウン臨戦で期待するしかないでしょう。幸い父、母父ともにダウン戦特注。次は馬券になるのでは。
オールアズワン S系 ★★
 ネオユニヴァース×ナリタブライアンのS系。ラジオNIKKEI杯の内容が良かった割には弥生賞の内容が案外。ネオといえばロジユニヴァースが惨敗後から巻き返した実績があるので、一概に駄目とは言い切れないが、東京で+αのある血統とも思えず巻き返しは厳しいのではないだろうか。ローテ的にも相性悪い。
トーセンラー CL系? ★★☆
 ディープインパクト×LyciusというCL系配合。サンデー×ミスプロはちょっと足りないマイラーをよく出していたので、ディープ×ミスプロはさらにそこからスケール感をなくしたような馬が出まくる予感。同馬もおそらくCLベースで内枠欲しいタイプ。短縮に反応しすぎたのも気になるし、ローテ的にも少頭数勝ち後では厳しいか。
フェイトフルウォー C系 ★★★
 ステイゴールド×メジロマックイーンのC系配合馬。C系なので休み明けはそこまで得意なタイプではないだろう。ローテ的にも休み明けは相性が良くなく、やはり一戦挟みたかった。しかしながら内枠入って集中力を生かせれば相殺できる可能性を秘めている馬。馬体を併せられないとホープフルSのようになる。枠次第。
ダノンバラード CL(S)系 ★☆
 ディープインパクト産駒でどの要素も持ちそこそこまとまったタイプの馬。ラジオNIKKEI杯で勝利し、少頭数のレースで負けているので多分C主導だろう。前走はスローの展開で外枠の差し馬は用無しだっただけに酌量の余地はあるが、それでもリズム的に掲示板は確保して欲しかった。やや底が見えた感がある。
リベルタス CL(S)系 ★★
 ディープインパクト産駒のCL(S)系。おそらく同馬が今後のディープインパクト産駒のスタンダードになっていくと思う。要はシンボリクリスエス産駒をC寄りにしてちょっと強くした程度。スプリングSは大外だったが、ああいう場面で踏ん張れないことにはG1では厳しい。ローエンの下でもあり中山開催の方が面白かったかも。
ロッカヴェラーノ L系 ★
 マンハッタンカフェ産駒のL系。すみれSを逃げられなかった逃げ馬で勝利したが、単に非根幹距離と延長適性を証明しただけで能力的証明は薄かった。すみれSからの短縮組は大不振で、エモシオンで無理だったんだから同馬にも無理だろう。マンハッタンカフェの初重賞の強さに託すしかない状況。それでも厳しいか。
 参考になったよ〜って方は是非→ブログランキングバナーブログランキング・にほんブログ村へ