※この記事は水曜日に書かれたものです。スペルバインド回避&いい格上挑戦馬がおらず絵に描いたモチ状態となっています。生温かい目で見守って下さい。

傾向がはっきり出てる条件戦組のみ。過去15年。
・1000万下組
[1-0-2-16]

19頭中1頭連対3頭3着以内。
この内前走芝のレースで1番人気1着の馬に限ると
[1-0-2-2]
5頭中1頭連対3頭3着以内。
条件戦をきっちり勝ってきたタイプは安定。
唯一掲示板を外した馬は3角2番手。
差して勝ってきたタイプと相性がいい。格上挑戦の王道と言える。

・1600万下組
[3-4-2-27]

36頭中7頭連対9頭3着以内。
単回収率が100%を超えており、穴が期待できるステップ。
・芝のレースで5着以内
[3-4-2-8]

17頭中7頭連対9頭3着以内。
格で劣っているわけだから、ある程度のリズムは欲しい。掲示板は必須となる。
・上記のうち4番人気以内
[3-4-2-4]

13頭中7頭連対9頭3着以内。
激走は反動が大きいので、ある程度人気で好走しておきたい。

このステップだと一昨年のスペルバインドが思い出深いですね。
確か長浜厩舎の1着後に期待して◎を打ち、4人1着→3人6着……(´;ω;`)ウッ
ざわ・・・ざわ・・・は、母父デインヒル(ダンチヒ)に新年早々やられた!!

今年は6人2着からの臨戦。まあ人気で引っかかってますけど、9.7倍なら許容範囲内ですかね。
格上挑戦だから本来人気が上がるのはおかしいわけで、最低でも人気据え置きの材料は欲しいまとまり系。
長浜はデムーロ乗せた時点でダンチヒ系をなめてた疑惑。太宰なら4人1着→5人2着だったし!(笑)
一昨年駄目だったから今年も駄目じゃね?→人気落ち→反発。個人的にはこの構図で穴を取りたいですね。