前に書いて出し忘れてた回顧を今さら…

【日経新春杯】
・京都はまだ内有利だと思いますが、以前ほどの内伸びではなくなりましたね。
私はビートブラックを含めた4強レース=軸がいない=荒れる、という発想のもとナムラから入りましたが、
ビートブラック無視の3強レースだったのかもしれません。とにかく上位3頭には力強さを感じました。
1着−ルーラーシップ
キングカメハメハ×トニービンのC、S、Lどれも持ってる馬。
有馬記念出走で買いづらかったんですが、スローの凡走で疲労を抜くのにちょうど良かった感じですね。
また完勝の内容でしたが、2、3着の2頭より量勝負で上回ったということなんでしょう。
勝ったレースは全てダウン戦ですしね。まあでも母親はあのエアグルーヴですからね〜。
馬券的には海外に行って欲しいです(笑)。揉まれずに自然と好位を取れるとかなり強いですね。

2着−ヒルノダムール
マンハッタンカフェ×ラムタラのL系配合馬。LC系か?
字面だけ見たら距離延長京都は向きそうなんですけど、皐月賞のせいかどうも混戦向きのイメージが付いてます。
混戦向きの馬が量勝負で2着に頑張ったと捉えるべきか、字面通りの馬になってきたかと捉えるべきか…。
とりあえず菊花賞みたく揉まれると危ないので外枠Hペースの差し競馬がベストですかね。

3着−ローズキングダム
上位陣より小柄な馬でパワー型の配合にしてはCに寄ってるタイプです。MかCM系っぽい。
おそらくこういう純粋な量勝負の条件だと斤量も相俟って遅れをとるのでしょう。
雑誌の対談で、小牧が武豊に「マイル以下でローズに乗って欲しい。本当の強さが分かるから」と言ってましたが、
多分同馬の本質はマイル〜中距離なんじゃないでしょうか。だとすると、春天はかなり厳しいと思います。
キンカメなら阪神向きなんですが、阪神でいいG1が無い(笑)。春天から短縮になる宝塚一本勝負か。

<その他>
ナムラクレセント 一応7人4着で反発。和田騎手も最後まで内に拘り悪くない騎乗でしたが、出負けしたせいで逃げの選択肢が消滅。こうなると3番手以下を離した2番手みたいな競馬ができないと厳しいです。団子状態だと切れ負け。掛かる面があるようにただのLCってよりS(LC)っぽい。延長Hペースや位置取りショック時で
ホワイトピルグリム クロフネ×エリシオだから休み明けのL条件は向く。白富士Sなら来てたかも。重馬場注意。
ゲシュタルト 力負け。中京で狙いたいが中京改修工事中…。距離変更時注意で。
ビートブラック 結果論ですが集中力血統なので逃げが合わなかった感じです。内枠向き。
コスモヘレノス 前走の激走はいかにも反動大きく。連チャン期途絶えた感じで交互になりそうです。