日経新春杯のことも少し。

ナムラクレセントをずっとC系だと思っていました。毎日王冠での負け方がいかにも量不足のC系だと感じたからです。
似た戦績のスマートギアがLS系っぽい追い込み馬だったので、相対的にナムラがC系に見えたというのもありました。
ナムラクレセントはサンデー×ダンチヒ配合であるヤマニンセラフィムの産駒です。
そして母父はパーソロン系サクラショウリ。速い上りのレースで実績がないのは多分母父の影響でしょう。
その分Cが加わってしぶとくなってる…そうC主導だと思っていたのもこのせいです。

ただ、戦績見るとC系が新潟の芝2200m戦で逃げて圧勝するのかってことなんですよ。
ダウン、斤量増、根幹距離→非根幹距離で0.8差圧勝。やはりC系というには違和感がありますね。
百歩譲って相手が弱すぎるからだとしても、その時の2着馬がフォゲッタブルですから、
相手が弱かったというよりもある程度は適性が向いたと考える方が自然です。
好走したレースを見ていくと菊花賞、阪神大賞典、アンドロメダS、天皇賞春など、やたら延長で強いです。
そしてここ2戦は福島記念、中日新聞杯という多頭数の混戦で連続敗退。

そこで思ったのが、ナムラクレセントはC主導ではなくL主導なんじゃないかということです。
もしくはダンチヒからまとまりを注入されてのLCorLC(S)。
仮にLCと考えれば、延長での強さやダウン混戦だったアンドロメダS勝ちも説明できる気がします。
かつてフォルテベリーニをCL系だと思っていたのに大阪HCからLC系に修正したことがありましたが、
正にこれと同じことが起こったんじゃないかと。実際はどっちか分かりませんけど(笑)。

ダンチヒ入ったLC系にはチーフベアハートがいますが、
この馬をチーフベアハート産駒と考えれば、2戦連続2000mで負けての人気急落距離延長京都は買い時。
まあさすがに無理のある仮定ですが、予想はこれだと決めてかかった方が迷いなく行けるので。
差して敗退後の距離延長で逃げられなかった逃げ馬の位置取りショック、
内伸びの京都、小牧から和田への乗り替わり、極めつけに武豊鞍上の差し馬ローズが断然人気と。
パズルのピースは揃った気がしますが果たして。