【フェアリーS】
・前半57.1のHペース。底力の必要なレースになり母父サンデーが上位独占。個人的には地味に5着馬に期待。
1着▲ダンスファンタジア
揉まれての心配はありましたが、血統からは内枠も問題ないですしHペースのおかげで折り合えました。
ファルブラヴはまとまり主導なので1番人気1着を獲得できたのは大きいですね。
ただ中山マイルをHペースで圧勝となるとちょっとSに寄ってます。
S条件での圧勝ってあんまり当てにならないんでね。ね〜ゴッホちゃんね〜(笑)。
母の時のオークスになったら消え、カワカミが勝つような流れなら来る。そんなイメージですね。母似か?

2着−スピードリッパー
同馬も勝ち馬同様ファルブラヴ×サンデーの産駒。これで2年連続サドラー(フェアリーキング)が穴を開けました。
戦績見たら4戦連続複勝圏内確保からの人気急落ですね。私は外枠の時点で消してしまいました。
しかも前走ダンスに負けた馬かと思ったら、赤松賞じゃなくてサフラン賞だし…。
多頭数の内枠で好走した経験は大きかったようです。
同配合ですが、勝ち馬より同馬の方がCありそうです。Hペース混戦で。

3着−アドマイヤセプター
キングカメハメハ×サンデーのパワー型配合馬。
中山マイルの1枠1番は物理的に有利ですし、母父考えれば内枠も耐えられる馬だと思います。
私は初めての大幅短縮で置いていかれると思い消しました。
でもHペースになりその不安も払拭されたはずで、そう考えるとこの結果はちょっと物足りない気がします。
ここ2戦で化けの皮が剥がれたか? 人気先行型っぽいので消して妙味ある馬になりそうですね。

<その他>
ピュアブリーゼ 王道短縮のバウンド短縮ショッカー。Hペースでお誂え向きの流れでしたが4着。距離短いのかも。
ヤマノラブ アグネスデジタル×フジキセキという精神構造のしっかりした配合の馬。将来的にローカルの条件戦あたりで穴を開けてくれそうです。父から重、不良馬場注意。混戦で。
フラワーロック ダート1400m以下の内枠で。
イングリッド 東京で逃げて1戦1勝ではこのペースに対応できませんでした。ディープは人気の割にイマイチですな。