マイネルファルケ SL系 ★★
 マイネルによく見られる一本調子のSL系。マイネルモルゲン、マイネルスケルツィあたりと似たようなタイプである。昨年と同じく富士Sからの参戦だが、今年は逃げられなかった逃げ馬の位置取りショックが使えないし、前走も負けすぎの印象。距離変更を仕掛けたりしてリズムを一から立て直したいところ。
ワイルドラズベリー ? ★★★☆
 ファルブラヴ×サンデーサイレンスで非L系っぽい配合の馬。締まったペースの適性が高く、そういったレースなら強い相手でも問題ない。前走は最後止まったと鞍上が言っていたようにやや距離が長かった。秋華賞組は[0-1-1-3]で3着以内の2頭はG1馬だったが、外伸びに加えHペースの決め撃ちが出来る鞍上。不気味。
アブソリュート L(C)系? ★★★
 タニノギムレット×サンデーサイレンスというSC系配合馬。しかし同馬は宗像厩舎所属でLが注入されており、その分破壊力に欠けたタイプとなっている。ただ今回は休み明けで外伸びである。昨年は相性悪い富士S勝ち後に5着。状態さえできていれば厩舎考えても変に叩くより良さそうだが…。
エーシンフォワード SLorLS系 ★☆
 外国産馬らしく量が豊富なSLorLS系っぽい馬。昨年秋から使い詰めて京王杯まで長い間好調を保っていただけに、一度休みを挟むと不振期に陥りそうな推移ではあった。西園厩舎は休み明けの成績が良くないので前走の負け自体は気にならないが、前に行けなかったように気力も落ちている。もう少し叩いてから。
ガルボ L(C)系 ★☆
 マンハッタンカフェ×ジェネラスのL系配合馬。しかし朝日杯FSやシンザン記念の頃は内枠からでも難なく競馬が出来るタイプであった。その時は違和感を覚えたが、休み明けである富士Sの激走で字面通りのL系馬になった印象。マンカフェならアップイマイチ。富士S組も相性悪く。
ゴールスキー M系 ★★
 ネオユニヴァース×ヌレイエフのまとまり系マイラー。ネオユニヴァースは自身がCM系だったにも関わらず産駒にL色の強い馬が多く、同馬もややLが強いかもしれない。穴人気しているが格材料乏しく、前走の勝ち方も地味でまとまり系っぽい勝ち方だった。まだ良くてアルビレオ級。まずは重賞勝ちから一つずついきたい。
サプレザ ? ★★★★
 血統的にはあまりマイルCSという感じもしないのだが、昨年3着に入ってるだけに邪推かも。2走前に1400m戦で1.19秒台を記録。実際見てないので何とも言えないが、もしこれが本当なら凄いタイムだ。陣営は内枠を希望していたようだが、昨年も内々決着で外枠から頑張ってたし、今年は昨年より外伸びなのでより有力。
キンシャサノキセキ CS系 ★★★
 フジキセキ産駒でC主導のタイプ。かつてはSの強い馬だったが、段々と本来のCS系に落ち着いてきた感じ。阪神Cの内容が図抜けていて外枠でも期待したくなるが、近年距離実績皆無ではさすがに厳しいか。ブラックホークみたいな例もあるけど、あれは人気急落で横山典が差しに回る位置取り仕掛けてたしな…。
キョウエイストーム S系 ☆
 スウェプトオーヴァーボード×サンデーサイレンスのS系馬。個人的にはインセンティブガイみたいな馬だと踏んでいる。戦績見てもあからさまに中山>東京だし、坂コースの方が良さが生きるだろう。ここを叩いてのニューイヤーSじゃないか。いや東風Sか(どっちにしろ中山!?)

というわけで全出走馬コメ終了。
ありゃ★4つ以上あげたのサプレザだけだよ。
というか今年は昨年にも輪を掛けて低レベルの混戦で、格下馬が穴人気するのも頷けますね。
スマイルジャックが3枠〜6枠位に入ってくれれば鉄板だと思ってたんですけど、まさかの1枠。
最終予想はまた長考します。
外伸びに山を張るならサプレザ、ワイルドラズベリー、アブソリュート。
内も伸びるならスマイルが現時点の結論で。