途中出てくる[]内の数字は過去10年(中山開催除く9回)。

【毎日王冠】
1着◎カンパニー
関東重賞中位人気特注横山典弘。柴山と三浦に2、3番人気を譲るという屈辱の展開(笑)
前走宝塚記念で3角7番手以内[4-0-2-7]。そのうち宝塚記念で人気以上に好走した馬[4-0-1-2]。
横山典は布石の概念が乏しく、秋天は厳しいでしょうね。内枠を引いて他馬の破綻待ち
それにしても今年の横山典は何か鬼気迫るものを感じますな。G1以外でも本気すぎ。
秋天もマイルも本気で取りに行くと、どっちも中途半端な着順で終わりそうなので、
個人的には直接マイルCSがG1馬への最良の選択だと思うんですが…。

2着○ウオッカ
前走安田記念組[2-3-0-10]。そこで5番人気以内[2-3-0-2]。
重賞を1番人気で逃げ切る難しさが分かる2年連続の敗退でした。
同馬は典型的な集中力タイプなので、少頭数で単騎だと仕方ないですね。
秋天では逃げない形で競馬したいところ。枠は当然内〜中枠がいいと思います

3着−ハイアーゲーム
叩き2戦目で得意距離への短縮、そして得意な東京。
しかも前走は10-12-14-15-8着という理想のVライン(注1)でした。
ただ開幕週で外枠の差し馬を買うことは定石からは無理ですね。
メテオバーストに外から被されたときは、うわ〜吉田豊後藤にやられてるわww
とか思って見てたんですが、
乗ってんの木幡(注2)じゃねーか。
土曜日に1R目から木幡に勝たれて泣いた。

<今後>
ハイアーゲームが外から伸びてきたように、今開催の東京は外も伸びる印象。
これは来週以降も注意して馬場の状態を見極めていきたいですね。
スマイルジャックは通過順が5-6-5なので、次走マイルCSなら布石的にも結構面白そう。
マッハヴェロシティは2走連続Vライン。しかも今回は理想的Vラインでした。
マンカフェのコース相性的には中日新聞杯>鳴尾記念>アンドロメダSあたりがいいですね。

【注】
1)位置取りを下げ続け4角で底を打ち、最後の直線だけで盛り返したVライン。
2)関東の地味な騎手。G1未勝利と見せかけて、マンオブパーサーで地方G1を勝ってる地味っぷり。