たまには回顧を。
回顧と称して、印を打った理由や後付けの買い理由なんかをダラダラ語りたいと思います。

【ローズS】
1着−ブロードストリート
アグネスタキオン×コジーンと字面的には量系。
しかしレース見てると内から狭いところをこじ開けて、なかなかしぶといですね。
休み明けの非根幹距離で高速馬場っていうのもあったのでしょうか。
コジーンって聞くと開幕週のイメージが強く、馬場の綺麗な内が華って感じですね。
前走オークス掲示板組[1-3-1-15]。そのうち当日4番人気以下の馬[0-0-0-6]。
あれ? 勝った馬を消している(笑)。データ的にはなかなか厳しいですね。

2着○レッドディザイア
これは生涯連を外したことのない馬でしたし、母父カーリアンですからね。
高速馬場なのに外から差しても来られる馬場だったので、それも良かったですね。
まあ2着は妥当って感じでしょうか。
オークスを4角5番手以下で2着した馬は[1-2-1-0]。差し馬の方が買いという珍しい現象。

3着−クーデグレイス
この馬は牡馬混合の1000万下連対馬だったのですが、5番人気が引っ掛かって拾えませんでした。
今調べたら牡馬混合1000万下組は過去10年で[3-0-3-3]。
確かにここに3番人気以内を加えたら複勝率100%となるのですが、ブゼンキャンドル(7番人気2着→8番人気3着)もいましたし無理に人気で縛る必要もなかったですね。同馬の場合北海道競馬でしたし。
翌年以降も混合条件戦連対馬は注目したいです。

6着◎チャームポット
フジキセキ×ノーザンテーストで兄がタマモホットプレイということからもC系と判断。
C系の狙い目はやっぱり人気薄の格上挑戦しかないだろうということで、思い切って◎を打ちました。
個人的に敗因は以下の二つでしょうか。
・外枠
やっぱり内枠の方が集中力引き出せそう。
これは事前に分かっていたことなので、敗因にするのはどうかとも思うんですが、
外枠からでも内に入れる場合があるので、単勝オッズと天秤にかけて印を打ったって感じですね。
・気性
直線手間取ってましたね。手応えがあるのに伸びないというか。
横に馬を置いてから一瞬伸びかけるんですが、じりじり。
和田曰く、内にササって競馬にならなかったらしいです。元々ササり癖がひどいとか。

<今後>
秋華賞はクーデグレイスに期待。ディザイアとの2頭軸とか面白そう。
前半58.1はいくら高速馬場とはいえ速いですよね?
ということは前で粘っていたクーデグレイスは評価してもいいような気がするのですが、
もしこれを見たラッパーさんは良ければ教えて下さい。m(__)m
チャームポットは次走京都の1600以下で買いたいですね。
短縮ショッカーに加えて、フジキセキですから平坦の高速馬場で良さそうです。