超久々。

<ルール>
父親は実績Cで内国産の馬だけ。
繁殖牝馬は評価価格5000万円以下か自家生産牝馬のみ。リセットはなし。
G1全制覇が最終目標。

<前回までのあらすじ>
「ふれあい牧場」のG1も完全制覇まであと3つ。(皐月賞、菊花賞、オークス)
オークストライアルを2着したユメガモリモリ号がオークス制覇に挑みます。

過去のはこちら>ダビスタ日記
6月
・ユメガモリモリ
調子は絶好調。ロバーツが乗れないので、横山典にw


まあ、こんなもんでしょう。
「追い込み」を指示しました。





道中は後方の内々を追走。
残り800mあたりで上がっていき、4コーナーで先頭を射程圏に入れます。
さあ直線!






上手く外に出しロスのない競馬。横山典上手すぎw
黒い帽子です。








5番手まで上がりました。

横山典いけええええ!!!!!










届かず3着 orz
良馬場ならもっと切れていたはずなのに…稍重に泣いた。
しかし、横山典は毎回人気薄の馬でもしっかり持ってきますね。頼もしい限り。
この後は秋華賞を目指します。次はローズSの予定。


7月
・チェキッコ
宝塚記念へ。松永幹夫の騎乗に納得がいかず、田原に騎手を変更。


強いなw
STコメなしですから、相当なSPがあると見ていいでしょうね。
「差し」を指示。

道中は少し掛かり気味に追走。
でも、致命傷なほどではありません。
勝負どころで上がっていき、前を捉えにかかります。


だったんですが…









まさかの故障発生!!!








チェキッコつД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚









なんとか一命を取りとめました。
引退が決定。繁殖入り。

血統 父トウショウペガサス 母キタノキイドリーム(ダイナサンキュー)
チェキッコ 19戦8勝 主な勝ち鞍 高松宮記念


9月
・ユメガモリモリ
横山典を乗せるべく、クイーンSへ。


この辺りではレベルが違う感じ。
オレンジピール懐かしいな。自分が競馬を見始めた時に好きで応援してました。
ドーベルに一蹴されてましたけどw






ユメモリ圧勝!
横山典上手いわ〜。馬群に包まれたことないw


10月
・ユメガモリモリ
秋華賞へ。鞍上は横山典弘!


「差し」を指示。
ユメモリ、森脇健児ばりに躍進できるか注目です!!!(じゃあダメじゃん)





横山典は道中の位置取りが神。
4コーナーでは先頭集団を捕らえ、直線へ!

ノースフライトが先頭!
内を突いてユメガモリモリがやってくる!!結果は!?










圧勝!








強いの一言。同馬の場合、気性もいいから安心して見てられます。
この後はエリザベス女王の予定。


11月
・ユメガモリモリ
エリザベス女王杯へ。


ベルベット、アマゾン強し。「差し」を指示。








5着。



<113年目>
北乃きいの3番仔デビュー。SP、ST、根性、落ち着き、早熟
完璧なコメント。早熟な分、姉2頭よりスピードは劣る感じ。
皐月賞、オークスという変則2冠を目指すべく、山藤厩舎へ入厩後は美浦へ入厩予定。
久松史奈の名曲から、馬名は「テンシノキュウソク」


4月
北乃きいの5番仔誕生。牡馬、おとなしい、2400万

チェキッコには何を種付けするか。


面白配合+父似でネイティヴダンサーの効果(SP◎STアップ)を狙えるキヨヒダカで。


6月
・ユメガモリモリ



G1制覇。
エリ女のあとは、中山金杯、フェブラリーS、阪急杯と経由し、
全て4着以下に敗れていましたが、G1で復活。これで14戦7勝。
この後安田記念へ。







横山典に導かれ、不良馬場をものともせず快勝。G1を連勝です。