今更ながら回顧です。
---------------------------------------------------------------------
新潟記念 外れ

1着  アルコセニョーラ
2着  マイネルキッツ
3着  トウショウシロッコ

1着アルコセニョーラ…愛知杯の内容が良くて、混戦で買いたいと思っていたが、
まさかここで来るとは。
近走リズム悪くちょっと手が出せない。
まあまたしばらくは静観で。次は逃さないようにしたい。

2着マイネルキッツ…チーフベアハートだから広いコース合う。
しかしそこはダンチヒだから、人気だと不安で買えなかった。
他が走らなかった感じもするが、力は付けてきている。
母父サッカーボーイからCもあるタイプで、強い相手でも。

3着トウショウシロッコ…父母父がトニービンでグレイソヴリンの血が騒いだか。
いつも木幡の馬は良く見えるんだけど、華麗にスルーしていた。
大久保洋吉厩舎の叩き3戦目でもあったのだが、
ハイアーゲームの鳴尾記念から成長してない自分。

気になった馬
5着フサイチアソート…もうちょっと馬体を増やして欲しかった。
成長はそんなに感じられなかったが、能力はある馬。富士Sあたりで期待。
---------------------------------------------------------------------
キーンランドC 外れ

1着  タニノマティーニ
2着  ビービーガルダン
3着  キンシャサノキセキ

1着タニノマティーニ…来た、重賞の回収率が図抜けて高い秋山真一郎。
勝因は秋山です。メイショウキオウの時から江田照男2世決定。

2着ビービーガルダン…ノーザンダンサー系らしく、北海道が合うのだろう。
しかし、マヤノツルギよりこちらが人気になって実際先着。
なんでこちらが上位になるのが分かるのか不思議じゃ。
…と大穴の馬を買って負けてる人がぽつり。

3着キンシャサノキセキ…最後狭くなったし、勝った後だとパフォーマンスが落ちる馬。
G1に向けてはこれくらいの臨戦の方がいい。短縮や内枠向きのSC系。

気になった馬
7着トウショウカレッジ…キンシャサを意識してかいつもより前目の競馬。
元々連続好走できないL系だし、差しに回る位置取りショックで次走期待。
---------------------------------------------------------------------
新潟2歳S 外れ

1着△セイウンワンダー
2着  ツクバホクトオー
3着△バンガロール

1着セイウンワンダー…最後方から最速の上りで1着。
こう見ると広い平坦コースが合うのもあるだろうが、量はかなりありそう。
しかし母父サンデーだし、若い間は摩擦のあるレースもこなせる。
ショウナンタキオンよりは強いってことでFAw

2着ツクバホクトオー…母父が1着後特注ブラッシンググルーム系アーミジャー。
ただ、フジキセキの不良馬場って時点で絶対買えない。
新潟になると強いL系田中勝春も後押しした?

3着バンガロール…母父サンダーガルチでまとまっている。
勝ち馬よりスケール感はないが、安定感が売りになっていきそう。
毎回自分の力はきっちり出すタイプ。

気になった馬
なし
---------------------------------------------------------------------
    <トータル結果>
的中率 10.8%(レースごと)74戦8勝
回収率 73.1%
収支  −20280円(75500円)