−指針− 自信度★★★★
ずっとどれを本命にするか悩んでいたんですが、
調べているうちにピーンときました。

◎キャッチータイトル
○フサイチアソート

◎キャッチータイトル
02年の改修工事以降、新潟記念に出走した短縮馬は4頭しかいないのだが、(休み明け除く)
ヤマニンアラバスタ(3人1着)、レニングラード(1人2着)、
タニノエタニティ(10人5着)、ラヴァリージェニオ(9人6着)と成績がいい。
同馬は、休み明けを除けば唯一の短縮馬であり、唯一の短縮ショッカー馬でもある。
今年は馬場も荒れ、さらに逃げ馬も多く、短縮優勢の傾向は強まると見る。
前の馬が外に張る馬場になってきたので、追い込み馬はおそらく厳しく、
ある程度前にいつつ速いペースでもバテない馬が良さそう。
そういう意味で、1頭だけ短縮という恩恵を受けられるのは大きい。
血統も父親は道悪特注オペラハウスだから雨も問題ないし、
母父は1着後特注ブラッシンググルーム系レインボウクエスト。
鞍上の小野次郎も相まって、楽しみでならない。

・2番手以下の短評
○フサイチアソート
休み明けだが前走目黒記念なので短縮馬だし、
前走は11-11-12-13-10着と、さりげなく理想的Vライン。
目黒記念の週は明らかに内伸びだったので、内々決着の中大外枠から差して0.9秒差なら。
東スポ杯では後のダービー2着馬、皐月賞2着馬、朝日杯勝ち馬を破っているわけで、
ポテンシャルは相当のモノを持っているはず。休み挟んで馬が戻っていれば。

◎(単)  500円
◎(複) 1000円
◎→○ 馬単100円
◎−○ 馬連200円
◎−○ ワイド200円
---------------------------------------------------------------------
ブログランキングバナー