<クイーンS>
☆シェルズレイ   位置取りショック注意。坂のあるコース向き
-------------------------------------------------------------------------
クイーンS 外れ

1着  アサヒライジング
2着  イクスキューズ
3着△ディアチャンス

 ≪総括≫
スローで実質行った行った。

1着 アサヒライジング
今年も逃げ切りとは。
逃げが有利なのは分かってはいたが、逃げ馬が多くて軽視してしまった
前半1分を切らないようなスローなら圧倒的に優位で。

2着 イクスキューズ
使い詰めが気になって消したが、軽量に加え開幕週のスローでL質になったので。
やはり非根根幹距離の擦られない流れが合う。

3着 ディアチャンス
横山典らしい最後方待機策。
Hペースならかなりやれただろうが、前が楽だったので。
激走後を考えると秋は楽しみな一頭。

4着 アドマイヤキッス
速い上がりは持っておらず、平均ペース向きの馬。
ただ、開幕週のような馬場は向いていると思うので、前走の反動か…?

6着 コスモプラチナ
中団から進んで伸びず下がらず。
どうせ負けるにしても、もっと締まった流れでどうなるか見てみたかった。

10着 シェルズレイ
意図的なのか差す競馬。
負けを気にするタイプではないと思うので、特殊馬場での位置取りショック注意。
-------------------------------------------------------------------------
北九州記念 外れ 

1着  キョウワロワリング
2着  アルーリングボイス
3着◎ワイキューブ

 ≪総括≫
こちらは逆に前半32.1の超Hペースで前は全滅。
前で粘った馬の巻き返しに注意。

1着 キョウワロワリング
前総崩れの外差しの馬で軽量51キロ。
1800時代の北九州記念同様、格上挑戦馬にはある程度アドバンテージある感じ。

3着 ワイキューブ
メンバー中唯一の短縮ショッカーで軽量+格上挑戦で、お誂え向きのHペース。
差し経験ないとはいえ、勝って欲しかった。
そう考えると、タキオンらしくL系の1400向きの馬なのかもしれない。

5着 カノヤザクラ
好位組の中で唯一掲示板で次走要注目。
バクシンオー×ウッドマンらしく休み明けの高速馬場が向いたのもあるだろうが。

6着 アストンマーチャン
休み明け、小倉ともに向くのもあるが、良く頑張っている。
1400までなら一線級で活躍するだろう。

10着 メイショウトッパー
アルーリングボイスは後方から外に出していたように、ずっと内にいると厳しい馬場で。
連チャン期途絶えてしまったのは、マイナス。
血統的には特殊馬場合いそう。雨の不良馬場とか。
-------------------------------------------------------------------------
    <トータル結果>
的中率   9.7%(レースごと)72戦7勝
回収率 44.5%
収支  −46120円(83100円)


3連単でももっと当てる奴ざらにいるよ…。