−指針− 自信度★★★
毎年条件戦組が上位を賑わす重賞。
その中でも無難そうなところを選んでみました。

◎マツリダゴッホ
相性のいい1000万下組ということもあるが、
それよりも過剰人気に悩まされていた典型的な同馬が
初めて1番人気1着の経験を獲得してきたことに魅力を感じる。
鞍上の蛯名は今年まだ重賞未勝利だが、
新潟で連荘期に突入したことだし、そろそろ勝ちそうな雰囲気漂う。

・2番手以下の短評
○トロフィーディール
今日から唐突に大外が伸びる。カッチーの中山芝死んだ振り作戦でどこまで。
血統的にもサンデー×アファームドで集中力高そう。
▲トウショウシロッコ
ラジオたんぱで無謀な位置取りから諦めず追い込んできたのに惹かれた。
混戦向きで内枠に潜り込む形を取れれば。
△テンシノゴールド
C系ステイゴールドの子供。初重賞+多頭数内枠向きそう。
△ミレニアムウイング
L系っぽいので大外枠は揉まれないでいい。過剰人気も一応短縮ショッカー。

◎−○          600円
◎−▲          500円
◎−△          200円
◎−△          200円
-----------------------------------------------------------
(今レースの消し馬)

フサイチジャンク

重賞実績ないし、1番人気はどうだろう。
兄のタイガーカフェも夏越してから不振期突入した。
-----------------------------------------------------------

関東重賞≒関西1600万下(人気blogランキングへ)