ナリタトップロード死す−99年の菊花賞馬
日本中央競馬会(JRA)は7日、菊花賞馬ナリタトップロード(9歳牡馬)が同日、北海道早来町の社台スタリオンステーションで心不全のため死んだと発表した。ナリタトップロードは1999年の菊花賞(G1)で優勝するなど、重賞7勝を含む8勝(30戦)を挙げた。獲得賞金は9億9011万2000円。2003年1月に引退してからは種牡馬としてけい養されていたが、ことし1月にぼうこう結石が見つかり、10月に手術を受けるなど治療していた。
早過ぎるよ…。
これで私が好きな競争馬の上から3頭が全部死んでしまった。
メジロブライト、ダンツフレーム、そしてナリタトップロード。
アンチオペラオーだった私にとっては、正に希望の光。
いつも悔しい想いばかりでしたが、懲りずに毎回◎を打ってました。
思い出のレースは6歳の阪神大賞典。
前年の年度代表馬ジャングルポケットらを一蹴した姿は、最高にカッコ良かったです。
謹んでご冥福をお祈りします。