私の考えを記事にしました!→Mの法則で競走馬を知る方法 【適性編】

スプリンターズS2022予想

スプリンターズS
◎シュネルマイスター
○ダイアトニック
▲トゥラヴェスーラ
△メイケイエール
△ナムラクレア

◎シュネルマイスター…S系。不安点は初の1200mという部分のみで、逆に言えば他はそこまでスキがないのでは。G1勝ち馬が同馬とナランフレグだけというのメンバー構成で、実績だけで言えば同馬が圧倒的に上。外枠に入って量だけで飲み込めるくらいのポテンシャルはある。

○ダイアトニック…CS(L)系。これはもう一度だけ買わせて下さい。お願いします。年内重賞1人気1着経験保有馬でありながら、人気無し。高松宮の叫び声ダメージから休み明けで記憶が薄れていれば。

▲トゥラヴェスーラ…C系。叩き型と思わせて休み明けでも人気がないと走るのがC系。近走安定しており、負けるタイミングで踏ん張れるようになった。欲を言えば稍重くらいは欲しかったが。

△メイケイエール…S系。強いから。もういいよ。もう消さないよ。

△ナムラクレア…SM系。北九州記念の脚が凄かった。Vラインのような走りで走る気が満ちているし、3歳馬で鮮度も保有。


◎単、○単複 ◎から馬連、3連複

オールカマー&神戸新聞杯2022予想

オールカマー
◎フライライクバード
○ソーヴァリアント
▲ジェラルディーナ
△デアリングタクト
△テーオーロイヤル

◎フライライクバード…スクリーンヒーロー×シンボリクリスエスのSL系。休み明け[1-2-1-0]の休み明け巧者。使い詰めや激走後だと馬が不安定で、本来の力を発揮できないケースが多い。条件戦ではディープボンドやアリストテレス、ヒートオンビートあたりと対等にやり合っていた馬で、初の超人気急落+短縮のスクリーンヒーローなら。また母方にノーザンテーストの血があり、中山非根幹も合いそう。

○ソーヴァリアント…CS系。単純にめちゃくちゃ強い。母父シンボリクリスエスから量を供給している印象で、オルフェにしてはSに頼っておらず、休み明けでも極端に着順を落とすことはないだろう。本質的には2000mくらいがベストだと思うので、平均スローくらいでスタミナをそこまで要求されない展開になった方が楽か。

▲ジェラルディーナ…同馬の弱点は活性化の無さ。それを補うのが延長臨戦で、マイルを挟みつつの久々の2200mは苦→楽。前走もVラインで走れていたし、1人気でもしっかり3着を確保したあたりは一定の能力を証明できたと思う。

△デアリングタクト…宝塚記念の◎。体力を活かせる非根幹坂コースはベスト。上手く捲くる形を作れれば。

△テーオーロイヤル…リオンディーズなら短縮+坂コースは良い。ちょっと同馬の能力を測りかねているところがあるので、怖いので押さえるってイメージ。

◎単複、3連複BOX


神戸新聞杯
◎リカンカブール
○ジュンブロッサム
▲レヴァンジル
△ヴェローナシチー
△ビーアストニッシド

◎リカンカブール…超Hペースを先行して4着に粘った京都新聞杯が強い内容だった。前走もしダウンに反応したと言うのなら、もっと圧勝していていいはずで、内容的には再度のアップ戦でも問題なさそう。母方にダンチヒ系とヌレイエフ系で、まとまっている。1人1着後の人気急落で。

○ジュンブロッサム…前走は多頭数戦でも難なく1人気1着圧勝。馬体が増えてこないのはやや不満も、戦ってきた相手が強く、ここでも地力は上位。ワールドエース産駒にはレッドヴェロシティがいるように意外と距離も持つ。

▲レヴァンジル…青葉賞1人気からの人気急落。青葉賞はすみれSを逃げて接戦後だったので、仕方ない敗戦。ドゥラメンテ×フランケルなら休み明けも合う。

△ヴェローナシチー…強い。ただあまり馬群には入れたくないタイプで、上手く外に出して捲れるかが鍵を握る。体力は豊富で延長坂コース自体は合う。

△ビーアストニッシド…逃げられれば。前に行ければしぶといタイプで、2200までなら守備範囲だろう。切れる脚はないため、平均的に脚を使いたい。

◎単複 馬連BOX、◎からワイド

ローズS2022予想

ローズS
◎パーソナルハイ
○メモリーレゾン
▲セントカメリア
△エグランタイン
△ヴァンルーラー

◎パーソナルハイ…SL(C)系。デビュー当初は一本調子なSLorLS系といった馬だったが、桜花賞の走りでそのイメージが変わった。短縮内枠で控える競馬でもしぶとく6着した内容は、元々持っているSやLに加え、裏にCもあるような走りで、クロコスミアやカワキタエンカに近い雰囲気を感じた。とはいえ、やはり逃げるに越したことはないと思うので、逃げられなかった逃げ馬のオプションは欲しい。フローラSの内容からも、ショックがあればそう簡単には止まらないだろう。また、今回条件戦組の馬が多く、メンバー中重賞連対実績があるのは同馬だけ。逆張りという意味では合致する。

○メモリーレゾン…SC系。オルフェーヴル×ノボジャックのSC系。とにもかくにもコントロールの難しいS系が延長で控えて1人気1着した前走の内容が光る。ただ逆に言えば、そこまで痛烈なSは保有しておらず、血統の割にはまとまったタイプゆえに延長に対応した可能性も否定できない。仮にそうだとしたら、この穴人気した状態では勝ち切るまではどうか。Mラジでは◎にしていたものの、そこが気になって対抗にしてみた。

▲セントカメリア…LS系。ドゥラメンテ×エリシオのLS系。アドマイヤラクティの半妹で、M3タイプ云々よりかはまず体力があってそれでレースを支配している馬。2走前道悪でガイアフォースに逃げて完勝しながら、前走高速馬場で控えた競馬でも2着にまとめた内容は良かった。単純に能力上位の可能性が高い。

△エグランタイン…S系。キズナ×Distorted HumorのS系。父キズナがS系ということと、母父も母父としての代表馬にスマイルカナやモーニンがいて、同馬もかなりSが強いタイプと推測できる。3走前15人気1着、2走前出遅れながら8人気2着、そして前走の1人1着圧勝と、かなり連チャン期っぽい推移。キズナ初重賞の鮮度と、この人気落ちならもう1回走ってくる可能性は十分。

△ヴァンルーラー…L系。前走はほぼ勝ちに等しい内容だったし、3着にはミスフィガロがいてレースレベルは低くなかった。フローラSでは惨敗も、出遅れて大外を回すロスの大きい競馬。また、フェアリーSでは二冠馬のスターズオンアースと0.4差と考えれば、全く通用しないということはないだろう。ズブい面があるため、延長+外枠を利用して先行できるようなら。

◎単、◎からワイド、馬連BOX


《おまけ》
ラジオ日本賞

◎バイオスパーク…CS系。全弟のマイネルクロンヌがダート替わりで結果を出し、先日も2勝クラスで2着していた。また、今回同じレースに出ているウシュバテソーロも、前走ダート替わりで一変したオルフェ産駒。今年に入ってから芝重賞勝ちのあるラーゴムもダートのOP戦で勝利し、そのSとパワーゆえのダート適性を遺憾なく発揮している。少し前まではダート替わり特注種牡馬と言えばネオユニヴァースだったが、今はオルフェーヴルがその座についたか。

◎単複!

京成杯AH&セントウルS2022予想

京成杯AH
◎コムストックロード
○ダーリントンホール
▲インテンスライト
△ファルコニア
△ミスニューヨーク

◎コムストックロード…SM系。前走は出遅れたうえに、外の伸びる馬場を内に突っ込んで4着。1人気も可哀想だった。今回斤量据え置きの51キロに加え、メンバー唯一の1200m臨戦&3歳牝馬という異端性は魅力。どちらかというと延長は苦手なタイプに映るが、ショックには反応しそうな馬なので前に行く位置取りショックがあればごまかせるだろう。

○ダーリントンホール…CL(S)系。CLベースの真面目でまとまっているタイプ。休みを挟んだことと、距離のカテゴリーを変更したことが功を奏した。共同通信杯勝ち馬だが、血統的には中山の方が合いそう。軽い人気落ちがあればより面白い。

▲インテンスライト…LC(S)系。エイシンフラッシュ×フレンチデピュティなら道悪の方が面白そうだが、鮮度とダービー卿CTの内容を評価して。馬群を苦にしないタイプなので、内枠もプラス。

△ファルコニア…M系。ヴァンドギャルドの弱い版で、量産型まとまりディープ牡馬の筆頭格。4着っぽい気もするが、こういうのに3着入られたら面倒くさいので(笑)。

△ミスニューヨーク…LC系。本質的には重い質向きのズブい馬だが、デムーロがそれを中和させている。前走もスロー前残りの割には頑張っており、単純に地力上位。

◎単複、◎から馬連、3連複BOX


セントウルS
◎サンライズオネスト
○ソングライン
▲メイケイエール

◎サンライズオネスト…SM系。ここ2走グイグイ感ある末脚。ノーストレス、疲労薄状態の休み明け+少頭数替わりで、阪急杯くらい位置を取れれば。

○ソングライン…SM系。メイケイとの比較ではこちらを上に。揉まれ弱いタイプなだけに、休み明けの少頭数外枠+ルメールでその不安が解消されたのは大きい。

▲メイケイエール…SL系。まだイマイチ信用しきれていない。本質は不安定なSL系で人気だと怖い。ここ圧勝のスプリンターズS内枠どん詰まりパターンにも期待しつつ、押さえておく

◎単、◎から馬連、3連複1点

新潟記念&小倉2歳S2022予想

新潟記念
◎カラテ
○ヒートオンビート
▲サンレイポケット
△カイザーバローズ

◎カラテ…CS系。マイラーズCは激走後の反動、安田記念はノーザンF産の馬が独占する超スロー戦で集中できずと一応敗因はある。トゥザグローリー×フレンチデピュティなら、そこまで延長は苦にならず(フレンチはアドマイヤジュピタやメイショウベルーガなど、一時期延長の鬼だった時期があった)、多頭数内枠で集中力を活かせれば。距離はとりあえず置いておいて、中山記念でパンサラッサの2着なら単純に能力上位で。

○ヒートオンビート…M系。人気が無茶苦茶なので、もう強いと思ってる順に買うイメージで。サンレイとは能力だけで言うならサンレイの方が上だろうが、10回やったらこっちが6〜7回は勝ちそう。つまり、常に80点以上を出せるような安定感という意味では同馬の方が上で、その分対抗評価。

▲サンレイポケット…CL系。Mラジでは強気で消し!なんて息巻いてたんですが、蓋を開ければ9倍て。3倍でもいいような馬ですよ。ちょっと過小評価すぎるので、▲まで上げた。軽すぎず重すぎずの今の新潟の馬場もフィットしそう。極端な外伸びでなければ。

△カイザーバローズ…M系。前走は激走後にもかかわらず1人気に祭り上げられ可哀想だった。中内田厩舎らしく休み明けの方が良い。軽い人気落ちも後押し。

◎単、馬連BOX、◎からワイド


小倉2歳S
◎プロトポロス
○ニシノトキメキ
▲メイショウコギク
△ゴールデンウィンド
△ウメムスビ

◎プロトポロス…M系。前走は9頭立てながら1枠1番で競馬が出来たのは良かったし、単純に強い内容だった。レース振りからは真面目そうなタイプで、頭数増やペースアップにも順応しそう。

○ニシノトキメキ…M系。リアルスティール×ダイワメジャーなら、まとまったタイプ。現時点で人気はないが、前走でミカッテヨンデイイに勝利しており、能力的には十分争覇圏内。

▲メイショウコギク…SL系。まだまだ走りが子供で遊びながら走っている。それでも前走の強さなので、もっとレースに集中できれば。ただそれだけに穴向きな印象で、やや過剰人気ではあるが。

△ゴールデンウィンド…CL系。血統的にはダートの方が良さそうだが、新馬戦は4角で不利があったので参考外。ダートの内枠で厳しい経験を補完した異端臨戦は魅力的に映る。

△ウメムスビ…S系。前走2人気からの人気急落。前走は目標になってしまい、可哀想だった。番手で競馬ができれば。これ前走がなければ5〜6人気くらいでも良さそうな戦績。

◎から馬連、ワイド

札幌2歳S2022予想

◎ドゥアイズ
○ダイヤモンドハンズ
▲ウェイビー
△ジョウショーホープ
△ドゥーラ
△トーセンウォルト

◎ドゥアイズ…CL系。ルーラーシップ×ディープインパクトというとキセキがいるが、キセキは500キロ超えの大型牡馬に対して、同馬は小柄な牝馬。その分体力面は劣るが、C要素は強そう。実際、新馬戦はインに潜り込んで勝負根性を発揮して1着だった。ポストウラヌスチャームを目指してください(笑)。

○ダイヤモンドハンズ…LM系サトノダイヤモンドの産駒で馬格もあり、ジオグリフ2世的な馬になりそうな気配を感じる。体力を要求される洋芝は合いそう。

▲ウェイビー…新馬戦で評判馬ライツオブキングスに勝利。前走も卒なく短縮に反応していて、バランスの良さがある。

△ジョウショーホープ…ルメールだから(笑)。

△ドゥーラ…新馬戦でドゥアイズと接戦。血統的に重めのタイプで、時計の掛かる馬場が合う。

△トーセンウォルト…1戦ごとに内容が見違えるように良くなっている。カーリアンの3×3のクロスがあり、洋芝も合う。

◎単勝、◎から馬連、◎−○ワイド

キーンランドC&新潟2歳S2022予想

キーンランドC
◎エイティーンガール
○トウシンマカオ
▲マイネルジェロディ
△ロードマックス
△メイショウミモザ

◎エイティーンガール…SL系。重い馬場を得意とするあたりは、極端な馬場・戦法を好むヨハネスブルグ産駒らしい。現在同レース2連覇中の札幌芝1200m巧者に加え、ダウン+休み明けで分かりやすいタイミング。ただそれだけに、いかにもすぎて嫌いたい面もあったが、高松宮記念の脚や現時点で5人気と考えると、仕方ないか。

○トウシンマカオ…CS系。M的な発想ならこれが一番無難な選択肢か。だからか分からないが、現時点で1人気とは、皆さん鮮度保有馬お好きですね(笑)。タイプ的に大外枠は合わないものの、土曜から外伸び馬場が続いているので、最内枠よりは良い。短縮なので、軽く差しに回りたい。

▲マイネルジェロディ…CS系。スクリーンヒーロー×ロージズインメイなら、クリノガウディーと似たタイプで、重い馬場+ショックがハマりそう。前走軽い馬場を先行してからの重い馬場+差しに回る位置取りショック。

△ロードマックス…SL系。配合的にはC系っぽいが、馬自体は中位人気向きの不安定なSL系。大幅短縮激走後で反動が心配な局面も、馬場自体はフィットしそうで、人気据え置きならもう一度走ってきそうなタイプ。

△メイショウミモザ…CS系。トロットスターの中日スポーツ賞4歳Sを思い出す綺麗な形のバウンド式異端短縮ショッカー(笑)。差しに回る位置取りショック+外伸び馬場と条件は揃った。

馬連BOX、◎から3連複流し


新潟2歳S
◎キタウイング
○ロードディフィート

◎キタウイング…S系。Hペースの福島芝1200mで追い込んだ後に、新潟芝1600mでスローを控えて勝利した内容が良い。延長を控えて勝つのはポテンシャルの証明。たった2戦ながら経験値が高く、将来穴馬ホースとして楽しみ。過去の馬だとオーバースペックを彷彿とさせる。

○ロードディフィート…ここ2走の走りと、父ダンチヒ系で安定感のあるまとまったタイプ。新馬戦で多頭数経験もあるし、母父ダイワメジャーなら道悪も問題なさそうで、3着は堅そう。

◎単勝、馬連・ワイド
MラジiTunes
ラジオやってます!!
iTunesに登録するには下記のバナーをクリックしてください。
About
「少年は競馬場で推理する」
ここは、“Mの法則”を使った競馬予想を展開するも全く当たらず、平日は決まって駄文を垂れ流し、「こんな奴がいるなら自分はマシな方だな」と優越感に浸れる隠れ家的Blogサイトです。旧ブログ名「競馬を少し噛んでみる」

■相互リンク募集してます
■ご用件がおありの方はこちらまでお気軽にどうぞ
(* ^ー゚)ノ⇒メールフォーム

回収率
2019 93%
2018 75%
2017 82%
2016 119%
2015 110%
2014 150%
2013 76%
2012 108%

旧ページ用語解説
騎手辞典(関東)
騎手辞典(関西)
格言・データ検証

競馬ブログ・ランキング
にほんブログ村 競馬ブログへ
競馬サーチ.com
競馬ハイブリット新聞
Profile
◆予想スタイル
Mの法則、Vライン、血統
◆好きな馬
メジロブライト、ナリタトップロード
◆好きな現役馬
コスモソーンパーク
◆好きな騎手
横山典弘、和田竜二、浜中俊
◆好きな調教師
宗像義忠、白井寿昭、石坂正
◆好きな種牡馬
チーフベアハート、ステイゴールド
◆好きな母父
Unbridled's Song、ダンチヒ系
人気ブログランキング
競馬教訓
■C系には厳しく
■人気馬は少しでも走れる要素があれば抑える
■迷ったら前に行く(前走前に行っていた)馬
■迷ったら人気のない方
■休み明けは基本的に半年以内
■休み明けは逃げ、先行馬
■キャリア少馬は多頭数経験
■買いたい馬が多いレースは大きな勝負を控える
■好内容のレースをした馬は最低1年は追う(意識しておく)
Archives
Recent Comments
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

【PR】うまとみらいと
ブライトTwitter
スポンサーサイト様
アクセスランキング
記事検索
JRAブログパーツ
Web Race Card