私の考えを記事にしました!→Mの法則で競走馬を知る方法 【適性編】

シンザン記念2023予想

シンザン記念

◎サンライズピース
○クファシル
▲ペースセッティング

◎サンライズピース…S系。ブラックタイド×グラスワンダーのS(LC)系。配合的にはマイネルフロストと同じで、ある程度持続質戦向きのタイプか。3戦連続出遅れているように、まだまだレースに集中していないが、その分破壊力は保有していそう。バウンド延長で中団に付けられれば。

○クファシル…M系。モーリス×ディープインパクトのM系。アンドヴァラナウトの半弟で完成度の高いまとまったタイプ。逃げた後は嫌だが、少頭数ではなく18頭立てで勝利してきたのは評価できる。外目の偶数枠なら出遅れて揉まれる不安も少なく、順当に走ってきそう。

▲ペースセッティング…S系。ダンチヒ×ダンチヒ×ヨハネスブルグと考えると、一本調子なS系といった配合。それだけに1200mを逃げて圧勝後に延長を控えて4着した京王杯の内容が強かった。変に矯める競馬は合わないため、外から先頭、番手を取る競馬をしたい。

◎単、馬連BOX、3連複1点

有馬記念2022予想

見解はこちらから! ◎タイトルホルダー
○ディープボンド
▲ジャスティンパレス
△イズジョーノキセキ
△イクイノックス

◎、○、▲馬連BOX、5頭3連複BOX。◎、○、▲厚め

阪神C2022予想

阪神C
◎トゥラヴェスーラ
○ルチェカリーナ
▲カイザーミノル
△ロータスランド
△ダイアトニック
△キングオブコージ

◎トゥラヴェスーラ…ドリームジャーニー産駒のC系。阪神芝1400mはリピーターコースで、毎回似たようなメンツの決着になる。有力馬が外目の枠に入ったので、得意の内枠から自分の競馬に徹すれば。第二のサンカルロを目指せ。

○ルチェカリーナ…2走前阪神芝1400mで走りつつ、前走東京芝1400mを速い上がりで勝利。レースぶりに充実が感じられるし、初重賞の鮮度もありで。

▲カイザーミノル…近走リズムは落ちてきているものの、東京の切れ負けから阪神替わりは良い。阪神芝1400mは内枠有利の舞台だし、久々の人気急落で解放感ある。

△ロータスランド…同馬も阪神芝1400mの鬼。マイルCSは一瞬勝つかと思わせる強い内容ながら、最後は切れ負け。短縮ショッカーで巻き返し。

△ダイアトニック…激走後なので1着のイメージは沸かないが、引退レースでここはメイチか。

△キングオブコージ…短縮失敗後の同距離のL系。毎日王冠の短縮+先行の競馬が前走の好走を生んだ。この距離に慣れれば。

○、▲単、◎から馬連、◎−○、▲ワイド

朝日杯FS2022予想

朝日杯FS
◎ダノンタッチダウン
○コーパスクリスティ
▲バグラダス
△ティニア
△ドルチェモア

◎ダノンタッチダウン…LS系。広いコースで伸び伸び走れると良いタイプで、外枠は合う。前走の上がりは出色の内容で、揉まれなければ同馬で仕方ない。

○コーパスクリスティ…LS系。初G1特注エピファネイア産駒。1600は初だが、エピファ×キンカメならデアリングタクトと同配合で、延長は合いそう。

▲バグラダス…M系。2走前で逃げたのに短縮で控えてあっさり勝利した前走の内容が良かった。初戦にダート経験もあり、厳しい経験の補完もある。

△ティニア…LM系。福永が合いそうな優しいタイプ。外差しの展開で着付けに徹すれば。

△ドルチェモア…LC系。前走控えて勝てたのは大きい。2走前逃げたとはいえ、札幌芝1500mの小回り経験は地味に大きい。

◎から馬連、3連複

阪神JF2022予想

◎リバティアイランド
○サンティーテソーロ
▲ミスヨコハマ
△モリアーナ
△ドゥアイズ

馬連、3連複BOX!

見解は考察をご覧ください。

チャンピオンズC、ラピスラズリS2022予想

チャンピオンズC
◎シャマル
○ハピ
▲テーオーケインズ

◎シャマル…S系。相性の良い南部杯組。前走延長で控える逆位置取りでも、勝ち馬とタイム差なしの3着。走りからかなり充実している印象で、連チャン期までありそう。テーオーが立ち遅れての前目にプレッシャーの少ない展開なら。

○ハピ…SM系。1戦多い印象も、終いは確実。中京ダ1800は地味に[2-0-0-0]。3歳馬でまだ鮮度あるし、前走Vラインなら走る意欲は落ちていないと見て。

▲テーオーケインズ…SM系。平安S1着後の帝王賞凡走が気になる。ただ他の人気馬も怪しい感じで、相対的に押さえざるを得ない。

◎単複、○単、3頭馬連、ワイドBOX


ラピスラズリS
◎トキメキ…展開ハマれば突き抜ける能力は十分ある。ストーミーシーの下でそろそろ。

○スノーテーラー…2走前の無茶苦茶な競馬の後に前走の綺麗な立ち回り。これは単純に強い。

▲オパールシャルム…SM系。キーンランドCの5着が強い内容。中山芝1200mは内枠先行有利の舞台で。

◎単複、3頭馬連、ワイド3頭BOX

ジャパンC&京阪杯2022予想

ジャパンC

◎ヴェラアズール
○カラテ
▲テーオーロイヤル
△シャフリヤール
△ユーバーレーベン
△ボッケリーニ

◎ヴェラアズール…エイシンフラッシュ×クロフネのSM系。メンバー中唯一の2走前条件戦という鮮度とまだ芝を5回しか走っていないというカテゴリー鮮度持ち。前走の走りが圧巻の内容で、重賞の番人的存在であるボッケリーニをあっさり差し切ってしまった。ややズブい面はあるものの、そこはムーアでカバー。賞味期限が長そうなタイプには思えないので、G1取るならここが最初にして最大のチャンスか。

○カラテ…トゥザグローリー×フレンチデピュティのCS系。新潟記念で初の2000mで勝利し、そこがL化して延長のダウン戦に反応したというのなら、天皇賞秋の6着には違和感。Vラインで走っていたし、カテゴリーが変わって、馬が伸び伸び走れている感じがする。今回も初の2400m戦で距離鮮度あり。シャフリヤやダノンと同じ位置だと上がり負けしそうなので、ある程度位置は取りたい。

▲テーオーロイヤル…リオンディーズ×マンハッタンカフェのLC(S)系。鮮度があって挑戦者の立場だったダイヤモンドSと天皇賞春の内容が強かった。スタミナと体力なら、現役でも上位の存在だろう。ここ2走は挑戦者から迎え撃つ立場になってしまったことで、置きに行く競馬をして4着、6着。再度人気落ちで思い切って前に行ければ。ユニコーンの真後ろくらいに付けて早めにパスできれば。

△シャフリヤール…ディープインパクト産駒のM系。鮮度の切れたディープで特に強調材料はないが、凡走後の距離延長で実質ダウン臨戦なら、大崩れまではなさそう。

△ユーバーレーベン…C系。もう少し内枠を引きたかったが、前走の脚は一時期の不振は抜けた感じ。C系は1.0差以内に詰めてから狙うのがセオリーで。

△ボッケリーニ…M系。距離適性が長いポタジェで他馬の破綻があれば。ただ1人気からの人気落ちも、もう少しオッズは落ちても良かった気はする。

◎から馬連、3連複。○単複


京阪杯
◎マリアズハート…スプリンターズSヤバイ
○タイセイビジョン…今はダウン戦向き
▲キルロード…前走の6着強い
△サンライズオネスト…安定感
△エイティーンガール…末脚確実

◎、○単勝。馬連BOX
MラジiTunes
ラジオやってます!!
iTunesに登録するには下記のバナーをクリックしてください。
About
「少年は競馬場で推理する」
ここは、“Mの法則”を使った競馬予想を展開するも全く当たらず、平日は決まって駄文を垂れ流し、「こんな奴がいるなら自分はマシな方だな」と優越感に浸れる隠れ家的Blogサイトです。旧ブログ名「競馬を少し噛んでみる」

■相互リンク募集してます
■ご用件がおありの方はこちらまでお気軽にどうぞ
(* ^ー゚)ノ⇒メールフォーム

回収率
2019 93%
2018 75%
2017 82%
2016 119%
2015 110%
2014 150%
2013 76%
2012 108%

旧ページ用語解説
騎手辞典(関東)
騎手辞典(関西)
格言・データ検証

競馬ブログ・ランキング
にほんブログ村 競馬ブログへ
競馬サーチ.com
競馬ハイブリット新聞
Profile
◆予想スタイル
Mの法則、Vライン、血統
◆好きな馬
メジロブライト、ナリタトップロード
◆好きな現役馬
コスモソーンパーク
◆好きな騎手
横山典弘、和田竜二、浜中俊
◆好きな調教師
宗像義忠、白井寿昭、石坂正
◆好きな種牡馬
チーフベアハート、ステイゴールド
◆好きな母父
Unbridled's Song、ダンチヒ系
人気ブログランキング
競馬教訓
■C系には厳しく
■人気馬は少しでも走れる要素があれば抑える
■迷ったら前に行く(前走前に行っていた)馬
■迷ったら人気のない方
■休み明けは基本的に半年以内
■休み明けは逃げ、先行馬
■キャリア少馬は多頭数経験
■買いたい馬が多いレースは大きな勝負を控える
■好内容のレースをした馬は最低1年は追う(意識しておく)
Archives
Recent Comments
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

【PR】うまとみらいと
ブライトTwitter
スポンサーサイト様
アクセスランキング
記事検索
JRAブログパーツ
Web Race Card