回顧記事はメルマガで配信していきます!(´∀`)  メルマガではMラジの裏話も配信予定(笑)

マイルCS2017出走各馬見解その2

マイルCS2017出走予定各馬の見解になります(評価は☆〜★★★★★の10段階)。
[]内の数字は過去15年のものです。
グランシルク S(LC)系 ★★
 ステイゴールド×DynaformerのS(LC)系。同系配合の影響か、ややSLっぽくズレたステゴ。速い上がりを好むのもステゴらしくない。前走富士S6着以下は前述した通りで相性は悪い。使い詰めて疲労あるだろうし、差し続きで布石にも乏しい。
サトノアラジン LC系 ★★☆
 ディープインパクト×Storm CatのLC系。馬体が重く、体力、量優勢のディープ産駒。前走秋天6着以下は[1-0-1-12]。交互系で反動に弱いので、人気で凡走後という形は合う。問題は短縮と内枠か。理想はスワン凡走の臨戦で向かいたかった。
サングレーザー SC系 ★★★★
 ディープインパクト×Deputy MinisterのSC系。ディープは母父にクロフネやフレンチが入るとCっぽくなるが、これはDeputy Ministerの血の影響かもしれない。前走スワンS1着馬は[0-2-1-7]も、古馬初G1のディープで狙うなら鮮度ある今年か。
ジョーストリクトリ SM系 ☆
 ジョーカプチーノ×キングヘイローのSM系。父はSL系も母父がしぶとくCも感じる馬である。前走は道悪でそこまで悪い条件ではなかったはずで、そこで惨敗となると単純に足りない可能性が高い(不良が下手って可能性もあるが)。東風Sで。
ダノンメジャー LS系 ★★
 ダイワメジャー×AzamourのLS系。以前の投げ出す面が薄れ、着々と力を付けている感じはするし、逆位置取りだった前走の内容も良かった。ただまだ明確なポテ証明は無いので、ここは厳しいか。掲示板下あたりに踏ん張ってのダウン戦なら。
ブラックムーン S系 ★☆
 アドマイヤムーン×ジェネラスのS系。どういう競馬を好むのかイマイチピンとこないが、強い相手なら坂コースのHペースの持続質戦向きか。マイル続きの追い込み続きで完全にマンネリ化している状態。条件替えて均衡を打破したい。

6頭の考察を終えて気になった馬は⇒人気ブログランキング
続きを読む

マイルCS2017出走各馬見解その1

マイルCS2017出走予定各馬の見解になります(評価は☆〜★★★★★の10段階)。
[]内の数字は過去15年のものです。
アメリカズカップ L系 ★
 マンハッタンカフェ×コロナドズクエストのL系。G1からのダウン戦だったきさらぎ賞で1着。前走も道悪の頭数減、延長、外枠替わりで条件が揃っていた。ローテ以前にポテ証明薄い。負けるタイミングで踏ん張れる強さを手に入れたい。
イスラボニータ CS(L)系 ★★☆
 フジキセキ×コジーンのCS(L)系。以前の勝負強いCS感は薄れてややL化した。それが近走の休み明けの前哨戦から走ってしまうという部分なのだろう。前走富士S2着馬は[0-1-0-9]。昨年より鮮度が落ちたと考えれば評価を下げざるを得ない。
ウインガニオン S系 ★★★
 ステイゴールド×ポリッシュネイビーのS系。母父が短距離型のダンチヒ系でマイネルミラノと似たタイプ。ここ2走は能力の証明としては十分だし、間隔を開けたのも疲労に弱いステゴなら悪くない。人気落ちでファルケパターンありそう。
エアスピネル M系 ★★★
 キングカメハメハ×サンデーサイレンスのM系で、若干S優勢のタイプ。前走富士S1着馬は[1-1-1-9]。好走した3頭は2走前も人気以上に走っており、好リズムだった。同馬はポテ証明は十分も、2走前凡走から条件が向いて急変したのが…。
ガリバルディ CL系 ★☆
 ディープインパクト×ZafonicのCL系で、兄のマルカシェンクと似たタイプになっている。前走富士S6着以下は[1-1-0-30]。好走した2頭は人気より凡走しつつ、逃げや差しで位置取りショックが掛かっていた。前走先行ならまだ面白かったが。
クルーガー LM系 ★☆
 キングカメハメハ×ディクタットのLM系。量の豊富なキンカメ産駒でややLが出ているタイプ。前走富士S3着馬は[0-0-0-6]。富士S全体で人気より走った馬も[1-2-0-29]。休み明け特注のキンカメ産駒が11人3着と激走した後では買いづらい。

6頭の考察を終えて気になった馬は⇒人気ブログランキング
続きを読む

福島記念2017予想

福島記念
◎フェルメッツァ…S(CL)系。近走Hペースを先行して粘るレースが多く展開次第。
○マイネルスフェーン…C系。元々京成杯でポテ証明あるし、前走先行活性化からの差しで。
▲サンマルティン…LS系。ハービンジャーで休み明けの大外枠合う。揉まれないレースなら。
△スズカデヴィアス…LM系。以前のSが弱まりLMに移行。ここでは単純に能力上位。
△ケイティープライド…C系。休み明けで馬が戻っていれば。多頭数内枠の混戦ベスト。
△ショウナンバッハ…C系。スローを後方だったオールカマーで5着。リズム上がってきた。

◎単 ◎から馬連


オーロC
◎トウショウピスト…SL系。反動怖いが、ダウンは魅力。バクシンオーは東京芝1400m特注。
○サンライズメジャー…LM系。ダウン+短縮でのスローを前に行く位置取りショック。

◎、○単 ◎−○馬連、ワイド
続きを読む

エリザベス女王杯2017予想

競馬関連でラジオ始めました!今週の予想はこちらで→まとまり系競馬サロン Mラジ
メルマガも始めました。今後回顧はこちらで更新していきます!→少年は競馬場で回顧する

 −指針− 自信度★★★
前走激走している馬が多いので、疲労、ストレスが少なさそうな馬を上位に。
あとはエリ女はC系不利な重賞なので、どれだけ誘惑に耐えられるか(笑)。

◎ミッキークイーン
○ジュールポレール
▲モズカッチャン
△クイーンズリング
△ヴィブロス
✕ウキヨノカゼ

◎ミッキークイーン
ディープインパクト×Gold AwayのLS系。小柄な割にパワーがあり外ズドンタイプ。
ポテンシャルは既に証明済みだし、宝塚記念からの休み明けのダウン臨戦もプラス。
昨年超スローで3着なので、中枠で普通に回ってくれば今年はさらに上があっても良い。
前走激走している馬が人気になっているので、逆張りなら休み明けの馬が定石。

・2番手以下の短評
○ジュールポレール
ディープインパクト×エリシオのCL系で、前走条件戦1人1着後の鮮度持ちディープ。
前走条件戦組が相性の悪い格重賞だが、条件戦から好走した2頭はどちらもディープ産駒。
重賞での走りがCっぽい走りだったので、理想は内枠だったが…。
▲モズカッチャン
ハービンジャー×キングカメハメハのCS(L)系。
秋華賞上位3頭の中なら先行して粘っていた同馬を評価したい。
ローズS7着で蓄積疲労が少なそうなのも良く、内枠のデムーロ継続騎乗も心強い。
△クイーンズリング
マンハッタンカフェ×AnabaaのSC(L)系。
府中牝馬Sは出遅れてスローを外から4着と前哨戦としてはベストの乗り方だった。
マンカフェにしてはCあるタイプで、上手く内を掬えれば。
△ヴィブロス
ディープインパクト×MachiavellianのM系。
ディープ産駒らしく鮮度があって他馬に破綻があると浮上するタイプ。
間隔あけて鮮度落ちを回避しつつ1人2着からの臨戦。切りにくい。
✕ウキヨノカゼ
オンファイア×フサイチコンコルドのLS系。
ずっと短距離を走ってきた馬だが、本質は延長の1800や2200がベストだろう。
陣営は差しを示唆しているものの鞍上が無視して前に行けば(笑)。

◎ 単500円
○ 単300円
✕ 単100円
◎−○ 馬連300円
◎−▲、△、△ 馬連200円
◎−✕ 馬連100円
◎1頭軸の3連複◎−(○、▲、△、△)の6点買い。1点100円。計2500円。
-------------------------------------------------------------------------------------

PR【超楽!超簡単!しかも勝てる!】
他の競馬サイトと比べたらすぐにわかります。レベルが違います。

使い方は簡単
1つの基準
2つのやり方さえわかれば今日から的中に最も近づけます。

人間の手で予想するような競馬サイトではなく、
様々な条件下の膨大な過去データをシステムで一括管理・精査するので予想が正確!
感情などでブレない予想が可能になります。それがこのサイト
→ http://collabo-n.com/
返信メール内のURLをクリックして登録完了できます。
それからIDとパスワードを入力してサイトに入れます。どの競馬サイトも一緒ですね。
続きを読む

エリザベス女王杯2017出走各馬見解その3

エリザベス女王杯2017出走予定各馬の見解になります(評価は☆〜★★★★★の10段階)。
[]内の数字は過去15年のものです。
マキシマムドパリ C系 ★★
 キングカメハメハ×サンデーサイレンスのC系。同馬は条件戦から秋華賞で3着(クソ騎乗で実質2着)していてアップの人気落ちが合うタイプ。前走京都大賞典組は[1-2-0-8]。臨戦的には期待したいが、C系と相性の悪い重賞なので…。
ミッキークイーン LS系 ★★★★
 ディープインパクト×Gold AwayのLS系で、馬体の割にパワーがあり坂コースの外伸びがベストの馬。休み明けは[0-0-1-20]だが、この3着は昨年の同馬である。鮮度が落ちている分、休み明けのダウンという臨戦は良い。外枠で流れれば。
モズカッチャン CS(L)系 ★★★
 ハービンジャー×キンカメのCS(L)系。ずっとL主導と記してきたが、ここ2走を見てもうC主導にする(爆)。前走の秋華賞では早めに動いて3着と強い内容ではあったが、それでも5人3着はある程度疲労が残りそう。2走前凡走が吉と出るか?
リスグラシュー CS系 ★★
 ハーツクライにしては珍しいC主導の馬。個人的にはキョウワジャンヌ以来だと思う(笑)。前走秋華賞2着馬は[1-2-1-6]も、当日3人気以下の馬は[0-0-0-6]。また秋華賞で4人気以下だった馬も[0-0-0-6]。激走後の延長+非C系福永では。
ルージュバック L系 ★★☆
 マンハッタンカフェ×Awesome AgainのL系。再三書いているが、現役屈指の典型L系馬。L系の代表馬を挙げろと言われたら、同馬とバランスオブゲームの2択。前走オールカマー組は[2-1-0-3]。臨戦と鞍上は良いが、休み明け激走後が痛恨。
ヴィブロス M系 ★★★
 ディープインパクト×MachiavellianのM系。前走府中牝馬S2着馬は[0-1-0-11]と相性は悪い。だがディープ産駒は使い減りするので、大きく間隔を取ったローテには好感が持てる。ショックは無いため、単純に地力と安定感での勝負になる。

6頭の考察を終えて気になった馬は⇒人気ブログランキング
続きを読む

エリザベス女王杯2017出走各馬見解その2

エリザベス女王杯2017出走予定各馬の見解になります(評価は☆〜★★★★★の10段階)。
[]内の数字は過去15年のものです。
スマートレイアー SL系 ★★☆
 ディープインパクト×ホワイトマズルのSL系。年齢を重ねたディープで休み明けやダウンを好むようになっているのは気掛かり。また反動に弱く、古馬になってから重賞で連対後に2ヶ月以内で走ったときの成績は[0-0-0-4]。人気なら切るの一手。
ディアドラ L(SC)系 ★★☆
 ハービンジャー×スペシャルウィークのL(SC)系。父は屈指のヘタレL系種牡馬になるが、同馬は母父からSとCを供給し、しぶといタイプになっている。前走秋華賞1着馬は[3-2-1-4]と好相性。しかし、3角10番手以下だと[0-0-0-2]。反動が怖い。
デンコウアンジュ LC系 ★★
 メイショウサムソン×マリエンバードのLC系。父はSM系で母父はL系。一応ヴィクトリアMでは2着に激走しているが、福島牝馬で先行+捲りという活性化が短縮とぴったりハマった印象だったので、単純に追い込み続きの延長だとどうか。
トーセンビクトリー LM系 ★☆
 キングカメハメハ×サンデーサイレンスのLM系。父はM系になるが、同馬はCやS要素が少なくL主導のタイプ。前走府中牝馬S4〜5着馬は前述した通り。前走はスローで先行馬には有利だったと思うので、上積みは無さそう。次のダウン戦で。
ハッピーユニバンス SC系 ★
 ジャングルポケット×サンデーサイレンスのSC系で、ヒカルカザブエの全妹になる。しかしヒカルカザブエのような重さは無く、戦績的にはスロー専用機。前走出遅れから7着という内容は悪くないものの、やはり活性化やポテ証明に乏しい。
タッチングスピーチ S(LC)系 ★
 ディープインパクト×Sadler's WellsのS(LC)系。父はM系の種牡馬で母父は欧州のL主導の種牡馬。前走OP特別使用馬は[0-0-0-7]。近走リズムが悪い上に、出遅れも多く活性化にも乏しい状態。一度先行して着順に躍動感が出てから買いたい。

6頭の考察を終えて気になった馬は⇒人気ブログランキング
続きを読む

エリザベス女王杯2017出走各馬見解その1

エリザベス女王杯2017出走予定各馬の見解になります(評価は☆〜★★★★★の10段階)。
[]内の数字は過去15年のものです。
ウキヨノカゼ LS系 ★★★
 オンファイア×フサイチコンコルドのLS系。オンファイアは体力優勢のSorL系種牡馬で、母父は典型的な量が豊富なL系種牡馬。1200mと1800mの重賞勝利があるように、L主導で距離の融通が利くタイプ。鞍上が思い切って前に行けば。
エテルナミノル SM系 ★
 エンパイアメーカー×フジキセキのSM系。父はSL系のダート種牡馬で、フジキセキは父としてはC系も母父ではM系あたり。前走2000m以下の条件戦組は[0-0-0-26]。アップに強い血統でも無いし、前走は不良馬場がハマった感じで厳しいか。
クイーンズリング SC(L)系 ★★★☆
 マンハッタンカフェ×AnabaaのSC(L)系。父はL系だが、同馬は混戦で強くCもあるタイプか。前走府中牝馬S4〜5着馬は[1-0-1-12]。巻き返した馬には人気より凡走しつつ、外から差し損ねたタイプが多い。同馬もそれに当てはまる。内枠なら。
クインズミラーグロ LC系 ★★☆
 マンハッタンカフェ×In ExcessのLC系。こちらもマンカフェにしてはしぶとく、重い質で内枠でも怯まないタイプ。府中牝馬S10着以下は[0-1-1-21]。前走は一瞬伸びかけたが、切れ負けした。体力はあるので、先行して上がりの掛かる流れで。
クロコスミア S(CL)系 ★★
 ステイゴールド×ボストンハーバーのS(CL)系。父はC系種牡馬だが、母父が淡白なSL系でズレたステゴ。前走府中牝馬S1着馬は[1-2-1-8]。近年は以前より相性が良くなっているとはいえ、逃げられなかった逃げ馬での1着後は苦に感じるだろう。
ジュールポレール CL系 ★★★☆
 ディープインパクト×エリシオのCL系。父はCLベースのM系種牡馬で、同馬もその典型的なタイプに映る。前走条件戦組の相性はかなり悪いが、条件戦組から馬券になった2頭は共にディープ産駒。条件戦1人1着後の鮮度持ち。内枠引ければ。

6頭の考察を終えて気になった馬は⇒人気ブログランキング
続きを読む
MラジiTunes
ラジオやってます!!
iTunesに登録するには下記のバナーをクリックしてください。
Mラジ
■ブライト、MIO、TAKUYAが送る競馬ラジオ番組です。
(※ロードに少し時間が掛かりますが、ご了承下さいませ)
About
「少年は競馬場で推理する」
ここは、“Mの法則”を使った競馬予想を展開するも全く当たらず、平日は決まって駄文を垂れ流し、「こんな奴がいるなら自分はマシな方だな」と優越感に浸れる隠れ家的Blogサイトです。旧ブログ名「競馬を少し噛んでみる」

■相互リンク募集してます
■ご用件がおありの方はこちらまでお気軽にどうぞ
(* ^ー゚)ノ⇒メールフォーム

回収率
2016 119%
2015 110%
2014 150%
2013 76%
2012 108%

旧ページ用語解説
騎手辞典(関東)
騎手辞典(関西)
格言・データ検証

競馬ブログ・ランキング
にほんブログ村 競馬ブログへ
競馬サーチ.com
競馬ハイブリット新聞
Profile
【Photo Data:(C)Carrot Lunchさんの提供】


ブライト

◆予想スタイル
Mの法則、Vライン、血統
◆好きな馬
メジロブライト、ナリタトップロード
◆好きな現役馬
コスモソーンパーク
◆好きな騎手
横山典弘、和田竜二、浜中俊
◆好きな調教師
宗像義忠、白井寿昭、石坂正
◆好きな種牡馬
チーフベアハート、ステイゴールド
◆好きな母父
Unbridled's Song、ダンチヒ系
人気ブログランキング
競馬教訓
■C系には厳しく
■人気馬は少しでも走れる要素があれば抑える
■迷ったら前に行く(前走前に行っていた)馬
■迷ったら人気のない方
■休み明けは基本的に半年以内
■休み明けは逃げ、先行馬
■キャリア少馬は多頭数経験
■買いたい馬が多いレースは大きな勝負を控える
■好内容のレースをした馬は最低1年は追う(意識しておく)
Archives
Recent Comments
Recent TrackBacks
有馬記念2016 予想 (追い切り重視の競馬予想)
有馬記念2016予想
神戸新聞杯2016 予想 (追い切り重視の競馬予想)
神戸新聞杯2016予想
有馬記念2015 予想 (追い切り重視の競馬予想)
有馬記念2015予想
ターコイズステークス2015の予想 (【血統フェスティバル】競馬予想ブログ)
ターコイズS2015予想
金鯱賞2015 予想 (追い切り重視の競馬予想)
金鯱賞2015予想
ステイヤーズステークス2015の予想 (【血統フェスティバル】競馬予想ブログ)
ステイヤーズS2015予想
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

【PR】ウマコラボ
200×200-gold%20


200×200-gold%20
ブライトTwitter
スポンサーサイト様
My Blog List
アクセスランキング
記事検索
livedoor 天気
JRAブログパーツ
Web Race Card
Amazonライブリンク