私の考えを記事にしました!→Mの法則で競走馬を知る方法 【適性編】

プリンシパルS&京都新聞杯2022予想

プリンシパルS
◎ダノンフューチャー
6戦連続1人気からの人気急落。こんなに綺麗な形はヘミングウェイ以来やで!(笑)というわけで本命。唯一の芝が新馬戦のレースで、1着馬がルージュスティリア、2着がスターズオンアースの3着なら、芝が全くダメということもないでしょう。母父もダノンファンタジーの母父ですしね。

◎単複


京都新聞杯
◎ミスターホワイト
前走初芝(ロッテじゃない方)で圧勝。全兄のチェスナットコートも初重賞だった日経賞で2着に食い込んでおり、同馬も延長+アップ坂コースの初重賞戦で期待せずにはいられない。まあ、そう考えると良くなるのは来年以降という気もするが…。

○アスクワイルドモア
前走なめていたら意外と走っていたので中京合いそう。キズナ×ロブロイなら休み明けは鬼。ズブい馬で延長は合うし、実質ダウン戦みたいなメンバー構成なら。

◎○単 馬連、ワイド

天皇賞(春)2022予想

天皇賞(春)
◎マカオンドール
○タガノディアマンテ
▲ロバートソンキー
△タイトルホルダー
△ディープボンド

◎マカオンドール…C系。少頭数外枠から多頭数内枠替わりのアップ戦+人気より凡走後でストレスない状態での軽い人気落ち。同馬がC系ならオプションは揃った。高速馬場だと活性化不足、土砂降りまで行くとより重い質の馬の台頭が怖かったので、小雨の稍重くらいが一番ベター。ここでも前走のような敗退を喫するようだと早々に暗雲が立ち込めそうだから、普通に勝て。

○タガノディアマンテ…S(LC)系。菊花賞をあの競馬して大幅ダウンの万葉Sで普通に1人気1着したのは驚いた。オルフェーヴルの中でも母父キンカメから良い量を受け継いで、一定の安定感は付与されている。2走連続激走後だが、人気がない=パフォーマンスを評価されていない=ストレス、疲労が少ないという三段論法で評価する。地味に古馬初G1とう鮮度もまだ保有している。

▲ロバートソンキー…C系。ルーラーシップ×サンデーサイレンスというと、M系やLM系のような印象を受ける血統構成だが、同馬はなかなか良い精神構造をしている。それゆえに、大幅延長の外枠だと集中力を持続できるのか?という問題は生じる。それでもMラーとしては、この鮮度と人気では買わざるを得ないだろう。鞍上にはヤマニンウイスカー以来の激走に期待する(笑)。

△タイトルホルダー…S(LC)系。何でも出来たドゥラメンテに対して産駒に重い馬が多いのは、トニービンの影響か、はたまた完成されすぎた配合の影響か。日経賞の乗り方に関しては色々思うところはあるが、現在11年連続菊花賞3着以内好走馬が複勝圏内継続中なので、まあまあ期待してあげても。

△ディープボンド…S(LC)系。他が弱いから相対的に印を上げざるを得なかった。4番手までは古馬初G1という鮮度を保有している馬を選んだ。何かにやられるとしたらそういう馬ということだろう。

◎○単、◎〜▲馬連、ワイドBOX。3連複5頭BOX


スイートピーS
◎ローブエリタージュ…M系。ディープ初OP戦の鮮度だけで事足りるメンバー構成。

◎単1点


吾妻小富士S
◎ニュートンテソーロ…S系。前走は休み明け激走後の人気だったので、どう乗ったって無理。延長は気になるが、小回り1700mならS質の舞台なので、レパード以来の人気急落+前に行く位置取りとセットなら問題ないと見て。

◎単複

フローラS&マイラーズC2022予想

フローラS
◎マイシンフォニー
○パーソナルハイ
▲ゴールデンアワー

◎マイシンフォニー
M系。母父Salt Lakeはアパパネの母父としても有名で、デピュティミニスター系らしいSやパワーを付与する。前走は大幅短縮で出遅れながらも、0.4差の4着は良い内容だった。本質的には1800m以下という気もするが、前に行く位置取りショックに反応しそうなSと実質ダウンのようなメンバー構成なのに、人気落ちを引いてきたのが頼もしい。

○パーソナルハイ
SL系。ここ2走の走りは、今までのヘタレな印象を一変させた。延長スローが予想されるので、逃げられなかった逃げ馬が理想だが、単純にある程度の位置に付けてダウン戦ならまとめてくるのでは?という読みで。ディープ産駒なので、中1週の疲労だけが気掛かり。

▲ゴールデンアワー
LS系。エピファネイア×スウェプトオーヴァーボードのLS系。前走は父らしい体力でひと捲りで完勝してしまった。ただそういう馬なら、ここは延長で向かいたかったし、東京替わりだと切れ負けの不安がつきまとう。母父スウェプトオーヴァーボードと言えば、グローリーヴェイズが真っ先に思い浮かぶが、あの馬もディープにしては重いタイプで、混戦向きの馬。元々先行馬なので、平均的に脚を使える展開になれば。

◎単、3頭馬連、ワイドBOX


マイラーズC
◎ソウルラッシュ
○ダイワキャグニー
▲ヴィクティファルス
△ホウオウアマゾン
△カラテ
△シュリ

◎ソウルラッシュ
LS系。まだタイプは分からないが、とりあえずL主導で。前走も圧勝だが、あまりグイグイとしたS的な感じはなかったので、ルーラー×マンカフェなら字面通りL系で、そこに今は若い分SやCがあるってイメージ。メンバー中唯一の連勝馬。近走に2200mやダート経験があり、まだまだマイル戦に対しても鮮度があるという特殊なタイプ。ストレス保有馬が多いので、ここはリズムだけで通過できるのでは。

○ダイワキャグニー
L系。現代のバランスオブゲーム。内枠で揉まれて苦を味わった後のダウン外枠替わり。道悪も馬群がバラけるし、馬格のあるキンカメ産駒なので、プラスに働くだろう。昨年も同レースでは良い脚を見せており、東京巧者のイメージの割にはここにもある程度適性はあると見て。

▲ヴィクティファルス
CL系。近年ノーザンF産のハーツクライ産駒は古馬になってから全く奮わないが、これくらいの人気なら騙されてやっても。他馬がストレス保有時のノーストレス休み明けは異端で、まず臨戦が魅力。道悪はスプリングSでこなしているし、バラけながらの内枠も合いそう。

△ホウオウアマゾン
逃げられなかった逃げ馬。アーリントンが強かったので、それの再現ということで。1人気はふざけてるが(笑)。

△カラテ
単純に強いし、坂コースのマイルはベスト。ただ安田記念で買いたいので、欲を言えばここは人気より軽く凡走して欲しいという思いもあり。あとは短縮に加え、ストレス、疲労はあると思うので、位置取りが後方になりすぎると届かない不安がどうしてもある。

△シュリ
はたぼうさんが良いと言ってたので(笑)。阪神マイルはOPで1人気1着経験あるし、前走も出遅れ参考外なので、追い込み→先行の位置取りショックを仕掛けられれば前進あっても。


◎○▲単、◎から馬連、3連複

皐月賞2022予想

皐月賞
◎ビーアストニッシド
○ドウデュース
▲キラーアビリティ
△ジオグリフ
☆アスクビクターモア

◎ビーアストニッシド
LC(S)系。スプリングS激走馬は2走前条件戦の方が良いものの、ここまで人気が落ちるようなら。父はウォーフロントの系統で元はダンチヒ。「勝ったのに なめたらまた来る ダンチヒ系」の格言通りに。馬場も大分外伸びに移行しており、外目の枠のパワータイプが良さそう

○ドウデュース
LS系。弥生賞はウォーターナビレラを彷彿とさせる武豊らしい前哨戦の戦い方だった。スロー2戦から短縮マイルに対応したように、その柔軟性がウリ。単勝のオッズを見てビーアストを◎にしたが、2〜3着の軸ならこちらでいいと思う。こちらもやや外目の枠でいい枠が引けた

▲キラーアビリティ
M系。まだまだ鮮度があるため、今はCもSも保有している状態。父や臨戦を考えるとコントレイルのようなタイプだろう。そこまで体力も感じないため、ある程度内目の枠でロスなく運べる枠も良い。緩い流れになって逃げ馬を射程圏に入れつつ、綺麗に外に出せれば

△ジオグリフ
L系。前走共同通信杯も割りと向いている(ダウン+延長)レースだったと思うので、そう考えるとそこまで上積みはないだろう。それでも朝日杯でも5着だったり、前走も先行できていたり、経験値が高いのは評価して良い。やや穴人気してしまっているので、その分4番手

☆アスクビクターモア
M系。上手く重賞を使わず鮮度をキープしている初G1ディープ産駒。5レース全て同じようなレースぶりで、もう少し経験の多様性は欲しかったが、今の充実度とデキを評価

◎単複、◎〜△馬連BOX、3連複5頭BOX


アンタレスS
◎ユアヒストリー
4歳馬で鮮度あるし、阪神ダ1800mは[4-1-2-0]という阪神ダ1800mの鬼。前走も速いペースだったので、短縮へ向けて違和感は少ないし、むしろ逆ショッカーに期待したい

◎単複


福島民報杯
◎プレシャスブルー
C系。20倍くらいは欲しい中位人気向きの馬だが、休み明けダウンディープ+母父アンバーシャダイの内枠といういいとこ取りの状況ではある。今は加齢の影響でCLくらいのイメージで、強すぎない相手の混戦がベスト

◎単複

桜花賞2022予想

全頭考察してますので、こちらも見て下さいね!
桜花賞
◎スターズオンアース
○フォラブリューテ
▲サークルオブライフ
△ウォーターナビレラ
△ナミュール

◎スターズオンアース…M系。安定感のあるタイプで、リズムが良いのに1人気からの人気落ちという局面。馬場的にBコース替わりで内前が残ると思うし、今回は人気馬が外枠の差し馬に固まったので、逆張りならこういうタイプ。ドゥラメンテでパワー、体力を保有し、前目で平均的に脚を使えれば

○フォラブリューテ…LS系。エピファネイア×アドマイヤベガのLS系。母のブルーメンブラッドが精神構造のしっかりCS系で、精神力の下支えをしている。走りを見ると躍動感十分で、走る気が満ちている。馬格がないので、もう少し内目の枠が良かったが、人気と鞍上、未知の魅力から対抗評価

▲サークルオブライフ…LS系。こちらもエピファネイア産駒だが、母父がカーリアン色が強いL系アドマイヤジャパンなので、量、体力寄り。内枠先行揉まれ負けからの外枠差しに回る位置取りショックで。G1勝ったあとのエピファは不安材料も、3歳春ならまだギリギリ

△ウォーターナビレラ…S(LC)系。前走は少し控えて、脚を測る武豊らしい競馬。今回は内枠から前に行く位置取りショックを仕掛けられる局面。ファンタジーS→阪神JFの内容は良かったので、一定のポテ証明はある

△ナミュール…L系。ハービンジャー産駒のL系。チューリップ賞は追い込み勝ちも1人1着ならギリギリ。3着が怖いので押さえるイメージで

◎単勝 ◎から馬連、3連複流し

大阪杯2022予想

全頭考察してますので、こちらも見て下さいね!
大阪杯
◎ジャックドール
○エフフォーリア
▲ヒシイグアス
△ウインマリリン
☆スカーフェイス

◎ジャックドール…LC(SC)系。なかなか形容の仕方が難しい逃げ馬。スピードと重さのバランスが良い。問題は、前走高速摩擦薄レースを逃げて楽勝してしまった点だろう。本質的には番手でも競馬のできるタイプだが、臨戦的には前走と同じかそれ以上に楽に運ぶのがベスト。こう言ってしまうと一見厳しそうに思えるが、逆に言えばそれさえクリアしてしまったら、ここでも勝ち切る程の力強さは感じた

○エフフォーリア…LS系。3歳馬は初の古馬G1で激走してしまうと、バブルガムフェローやファインモーション、フェノーメノなどのように、その次は凡走するのが定説だった(例えが古いのはご愛嬌)。それだけ1回目でエネルギーを放出してしまうということなのだが、同馬はあっさり秋天、有馬と連勝してしまった。じゃあ強いじゃん!となりそうなものだが、そうはなかなかならない腐った性格なので、これだけエネルギーを放出した後の休み明けなら凡走もあるんじゃないかと。でも結局対抗にしている。なんだよ俺(爆)

▲ヒシイグアス…CS系。秋天→香港は単純に強かった。今年は2000m前後でG1を取れるほどの器だと信じている。血統とかローテーションとかその他諸々は知らん(笑)

△ウインマリリン…SC系。エリ女は激走後の反動がある中、超Hペースを先行して万事休す。フラットな状態に戻っての短縮坂コースで内目の枠なら。オールカマーくらい走れれば通用

☆スカーフェイス…SC系。七夕賞あたりからグイグイ感のある末脚。人気では信用ならないタイプの典型で、狙うなら人気薄の激戦。鞍上強化で勝負できる位置に付けて内突きができれば

◎軸3連複、○軸3連複。▲、△の単押さえ

高松宮記念&マーチS2022予想

高松宮記念についてローテから考察してみました!

高松宮記念
◎ダイアトニック…SC(L)系。どの要素も高いレベルで保有し、一時期の不振期は完全に脱した。ここからが同馬の第二章の始まりか。阪急杯を4人気以内に支持されて、0.1差以上で勝利した馬は過去15年で[2-3-2-1]。馬場が悪すぎると不安もあったため、回復してきたのも良い

○グレナディアガーズ…SM系。元々1400m以下向きのスピード馬だったが、能力ゆえにマイル戦を使われていた。フランケル産駒なので、突然の不振期という不安はつきまとうが、ここまでなら。間隔明けての初1200mも、ペースが緩むなら逆ショッカーも期待できる

▲レシステンシア…SC系。海外遠征明けは期待値低い臨戦も、単純に能力上位。また、セントウルS→スプリンターズSの挙動を見ると、今はもう若干C要素が薄れ、休み明けで仕上げた方がベストかもしれない印象も受けた

△ファストフォース…LS系。量系逃げ馬で、速すぎないペースで揉まれず先手を取る形が理想。前走は内枠を控えて惨敗のため、前に行ければ開放感は大きい。母ラッシュライフで、多少のしぶとさも保有している

△シャインガーネット…S系。オルフェーヴル産駒で、坂コースの道悪はベスト。ただ、オルフェ産駒は適性よりも、まず人気の推移に気を配った方が良い。前走7人気2着と好走後なのに、9人気への人気落ちなら

△ライトオンキュー…C系。前走は58キロを背負わされたうえに、大外枠から外外を回らされる展開で量負けした。それでもVラインで7着なら、まだ走る気は残っている。多頭数アップ内枠替わりで巻き返し

◎単勝、◎−○、▲馬連・ワイド、◎−△ワイド


マーチS
◎エクレアスパークル…メンバー中唯一の連勝馬。3勝クラスを勝つのに18戦を要した馬なので、この連勝は違和感を覚える。着差もアップなのに縮まっておらず、充実していると見て

◎単複


六甲S
◎ウインカーネリアン…SC系。母父マイネルラヴでC要素強めも、逃げても競馬ができているのはウインフルブルームに通ずるものを感じる。休み明けは前に行く馬からというのはMの定説

☆ブランノワール…CL系。引退レースだそうで。阪神マイルはベスト。複勝だけ遊びで

◎単複、☆複
MラジiTunes
ラジオやってます!!
iTunesに登録するには下記のバナーをクリックしてください。
About
「少年は競馬場で推理する」
ここは、“Mの法則”を使った競馬予想を展開するも全く当たらず、平日は決まって駄文を垂れ流し、「こんな奴がいるなら自分はマシな方だな」と優越感に浸れる隠れ家的Blogサイトです。旧ブログ名「競馬を少し噛んでみる」

■相互リンク募集してます
■ご用件がおありの方はこちらまでお気軽にどうぞ
(* ^ー゚)ノ⇒メールフォーム

回収率
2019 93%
2018 75%
2017 82%
2016 119%
2015 110%
2014 150%
2013 76%
2012 108%

旧ページ用語解説
騎手辞典(関東)
騎手辞典(関西)
格言・データ検証

競馬ブログ・ランキング
にほんブログ村 競馬ブログへ
競馬サーチ.com
競馬ハイブリット新聞
Profile
【Photo Data:(C)Carrot Lunchさんの提供】


ブライト

◆予想スタイル
Mの法則、Vライン、血統
◆好きな馬
メジロブライト、ナリタトップロード
◆好きな現役馬
コスモソーンパーク
◆好きな騎手
横山典弘、和田竜二、浜中俊
◆好きな調教師
宗像義忠、白井寿昭、石坂正
◆好きな種牡馬
チーフベアハート、ステイゴールド
◆好きな母父
Unbridled's Song、ダンチヒ系
人気ブログランキング
競馬教訓
■C系には厳しく
■人気馬は少しでも走れる要素があれば抑える
■迷ったら前に行く(前走前に行っていた)馬
■迷ったら人気のない方
■休み明けは基本的に半年以内
■休み明けは逃げ、先行馬
■キャリア少馬は多頭数経験
■買いたい馬が多いレースは大きな勝負を控える
■好内容のレースをした馬は最低1年は追う(意識しておく)
Archives
Recent Comments
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

【PR】うまとみらいと
ブライトTwitter
スポンサーサイト様
アクセスランキング
記事検索
JRAブログパーツ
Web Race Card