私の考えを記事にしました!→Mの法則で競走馬を知る方法 【適性編】

ジャパンC&京阪杯2022予想

ジャパンC

◎ヴェラアズール
○カラテ
▲テーオーロイヤル
△シャフリヤール
△ユーバーレーベン
△ボッケリーニ

◎ヴェラアズール…エイシンフラッシュ×クロフネのSM系。メンバー中唯一の2走前条件戦という鮮度とまだ芝を5回しか走っていないというカテゴリー鮮度持ち。前走の走りが圧巻の内容で、重賞の番人的存在であるボッケリーニをあっさり差し切ってしまった。ややズブい面はあるものの、そこはムーアでカバー。賞味期限が長そうなタイプには思えないので、G1取るならここが最初にして最大のチャンスか。

○カラテ…トゥザグローリー×フレンチデピュティのCS系。新潟記念で初の2000mで勝利し、そこがL化して延長のダウン戦に反応したというのなら、天皇賞秋の6着には違和感。Vラインで走っていたし、カテゴリーが変わって、馬が伸び伸び走れている感じがする。今回も初の2400m戦で距離鮮度あり。シャフリヤやダノンと同じ位置だと上がり負けしそうなので、ある程度位置は取りたい。

▲テーオーロイヤル…リオンディーズ×マンハッタンカフェのLC(S)系。鮮度があって挑戦者の立場だったダイヤモンドSと天皇賞春の内容が強かった。スタミナと体力なら、現役でも上位の存在だろう。ここ2走は挑戦者から迎え撃つ立場になってしまったことで、置きに行く競馬をして4着、6着。再度人気落ちで思い切って前に行ければ。ユニコーンの真後ろくらいに付けて早めにパスできれば。

△シャフリヤール…ディープインパクト産駒のM系。鮮度の切れたディープで特に強調材料はないが、凡走後の距離延長で実質ダウン臨戦なら、大崩れまではなさそう。

△ユーバーレーベン…C系。もう少し内枠を引きたかったが、前走の脚は一時期の不振は抜けた感じ。C系は1.0差以内に詰めてから狙うのがセオリーで。

△ボッケリーニ…M系。距離適性が長いポタジェで他馬の破綻があれば。ただ1人気からの人気落ちも、もう少しオッズは落ちても良かった気はする。

◎から馬連、3連複。○単複


京阪杯
◎マリアズハート…スプリンターズSヤバイ
○タイセイビジョン…今はダウン戦向き
▲キルロード…前走の6着強い
△サンライズオネスト…安定感
△エイティーンガール…末脚確実

◎、○単勝。馬連BOX

マイルCS2022予想

◎ダノンスコーピオン
○シュネルマイスター
▲ホウオウアマゾン
△マテンロウオリオン
△ダノンザキッド
△セリフォス

見解はMラジ、noteで→https://note.com/mbright/n/n873252981a4a

◎から馬連、3連複

エリザベス女王杯&福島記念2022予想

エリザベス女王杯
◎ウインマイティー
○ピンハイ
▲ウインマリリン
△スタニングローズ
△デアリングタクト
△ルビーカサブランカ

◎ウインマイティー…C系。マーメイドS激走後に延長スローを控えて3着した京都大賞典の内容が良かった。メトロポリタンSの逃げの活性によって、再度充実期を迎えている感じ。メンバー中2頭しかいない短縮臨戦馬。道悪になって重い質になれば短縮の優位性が生きそう。

○ピンハイ…S(C)系。チューリップ賞、桜花賞で馬群を縫うCの挙動を見せつつ、オークス、西宮Sで外から量や体力を感じる走り。秋華賞を回避したことで大きな疲労やストレスを抱えなくてすんだし、条件戦1人気1着の高揚感もある。過去15年で前走3勝クラス[0-0-0-27]というデータは、んなもんは知らん(笑)。馬場が悪すぎると体力面での不安があるため、稍重くらいまでに収まれば。

▲ウインマリリン…SC系。昨年のオールカマー激走後から札幌記念3着後に変わって、ストレス、疲労を軽減。元々ポテンシャルの証明はある馬で、あとは臨戦次第。阪神芝2200mは[0-0-0-3]も、1回目のエリ女では9人気4着で悪い印象は無い。

△スタニングローズ…M系。紫苑S→秋華賞1着からの臨戦と言えばショウナンパンドラ、ディアドラが負けている臨戦。しかし、スタニングはこの2頭と比較して先行力があり、ストレス、疲労を最小限に抑えている。小回り中山のフラワーC1着から、大幅延長広いコース替わりで2着したオークスがポテ証明としては十分すぎる。2〜3着は十分圏内。

△デアリングタクト…LS系。3歳時のようなSは薄れたことで、結局全馬消耗戦で体力だけ生かせるようなレースが今はベスト。それは宝塚記念での好走にも表れている。前走は内々決着の大外だったし、一応捲り入れていたので、そこまで悪い内容ではなかった。叩き2戦目で馬場が渋れば。

△ルビーカサブランカ…LC系。1800〜2000だと距離が短く届かない競馬をしていただけに、今回の2200mへの延長。阪神芝2200m[1-0-0-0]という実績は、同馬とアカイイトしか保有していない。全兄のユーキャンスマイル同様、初G1での激走に期待。

◎単勝、◎〜▲馬連BOX、◎から3連複流し



福島記念
◎フォワードアゲン…馬体が軽いセン馬でSやCの強いタイプだと推測できる。小回り1800mの条件戦で激走後に新潟芝2000mでも4着に好走した内容は良かった。充実している。53キロ据え置きで、多頭数内枠も良い。

○サトノエルドール…障害明け+ブリンカー装着で2番手から競馬をした前走が良い内容だった。ペースの上がる福島替わりで、軽く差しに回る位置取りショックを仕掛けられれば。

▲サトノセシル…洋芝専用機みたいな同馬が東京で2人気4着は強い内容だった。

△オニャンコポン…前走はアスクを捉えにって息切れ。短縮で差しに回れば。メンバー中唯一の3歳馬

△ヴァンケドミンゴ…いつも大外のイメージ(笑)。福島合う。

◎単勝、○複勝 馬連BOX、◎からワイド

天皇賞秋2022予想

天皇賞秋

◎ノースブリッジ
○シャフリヤール
▲マリアエレーナ
△イクイノックス
△ジャックドール

◎ノースブリッジ…モーリス×アドマイヤムーンのSL系。まず、楽逃げ後に控えて勝利したエプソムCに驚いた。そして、もっと驚いたのが毎日王冠。差してまともに競馬をしたことなかった馬が、出遅れながらもしっかり追い込んでいた時点で驚いたし、さらに開幕にしては外差しも利く馬場ながら、内で何度も進路を探すロスがあった。それで勝ち馬から0.4差の5着なら、勝ちに等しい内容と言える。正直まだポテンシャルの証明は足りないだろう。しかし、今回延長で前に行く位置取りショックを仕掛けられれば、過去最高点を出せるタイミングではあると思う。100点を出して上位馬にどこまで食い込めるか。

○シャフリヤール…ディープインパクト×Essence of DubaiのM系。馬体が軽くてアルアインの全弟なのでC主導に思えるが、走りからはまとまったタイプ。前走は欧州特有の重い馬場で苦しんだが、それだけに今回に向けては苦→楽。今年まだ3戦目で消耗も少ないし、国内の古馬混合G1に限れば昨年のジャパンカップ以来でまだ2戦目。アルアインの全弟なら距離も2000mくらいまでがベストだろう。

▲マリアエレーナ…クロフネ×ディープインパクトのSC系。前走の小倉記念は強すぎて、適性が向いたとかでは片付けられない内容だった。かなり充実している印象を受ける。馬体の軽い馬で体力はそこまで無いと思うので最内枠は良いし、Bコース替わりで先週よりは内が良い状態なのもプラス。上がりではノーザンF軍団に引けを取ると思うので、平均的に流れてくれれば。

△イクイノックス…キタサンブラック×キングヘイローのL系。皐月賞、日本ダービーともに2着で、世代間ではトップの実力馬。やはり皐月賞で3人気2着と激走したにもかかわらず2着に差してきた日本ダービーの内容が強かった。もう少し距離があっても良さそうなタイプに思えるが、休み明けの東京自体は合う。揉まれずスムーズに運びたい。

△ジャックドール…モーリス×Unbridled's SongのLC(S)系。モーリスの重さを母父の米国的なスピードと量で中和している配合で、バランスが良い。母父のおかげでSに頼りすぎず、精神的にも安定しているからこそ、この戦績を残せていると思う。大阪杯は使い詰めでHペースを逃げる競馬になってしまい最後は体力切れを起こしたが、今回は適度に間隔を開けて良い臨戦で臨めた。前走控えて競馬しながら勝ち切った内容も良く、宝塚記念をパスしたのも消耗を抑える意味で今回にとってはプラスに働くはず。

◎単勝、◎から馬連、ワイド、3連複BOX

菊花賞2022予想

◎ボルドグフーシュ
○セレシオン
▲ヴェローナシチー

◎ボルドグフーシュ…スクリーンヒーロー×LaymanのS系。サンデーサイレンスの3×3があるように、かなり気性の勝ったタイプで、走りは不安定。ただそれゆえに破壊力は保有していて、前走の糞Vラインでの3着からもその一端が垣間見える。阪神芝3000mなんてどの馬も走ったことないのだから、適性は分からない。なら、単純に近走の走る意欲を評価して同馬を本命。

○セレシオン…ハーツクライ×Candy StripesのS系。ハーツクライ産駒は過去15年[0-1-0-14]という呪縛があるものの、阿賀野川特別の友道厩舎といえば、ユーキャンスマイルとポポカテペトルが穴を開けている。前走の内容から能力的には足りていると思うので、レースの運び方次第。外々回されるような競馬だと厳しいので、縦長になって上手くインに入れたい。

▲ヴェローナシチー…LS系。エピファネイア×ゼンノロブロイのLS系。神戸新聞杯は内枠から揉まれる競馬になってしまい良さが出せなかった。多少ロスがあっても京都新聞杯のような体力を生かす競馬がベストだろう。もしくは潜在的にスタミナはあると思うので、川田で前に行く位置取りショックを仕掛けても面白い。初G1エピファの鮮度も一応あるので。

3頭単勝、馬連、ワイドBOX

富士S2022予想

◎ピースオブエイト
○セリフォス
△スマートリアン

◎ピースオブエイト…SM系。前走初めて控えて揉まれる競馬を経験したので、今回休み明けの外枠替わりで苦→楽。しかも前走はVラインながら5着まで走ったので、内容は濃かった。前走はペースも速かったので、今回ある程度前に付けてのペース落ちなら、逆ショッカーの形も取れそうでそれもプラス材料。

○セリフォス…M系。実績馬の休み明け組の中では一番無難な選択肢か。ダノンよりSでは劣る分、量があって安定感ではこちらが上。ダイワメジャーなので、少しずつ下降線は辿ると思うが、ダウン戦のここまでなら。

△スマートリアン…LS系。均衡気味もルメールの人気落ちなら。元々広いコースの外枠外伸び向きの馬。1200mはさすがに短かったと思うので。

◎単複。◎−○馬連、◎○△ワイドBOX

秋華賞2022予想

◎ウインエクレール
○スターズオンアース
▲サウンドビバーチェ
△メモリーレゾン
☆ナミュール

◎ウインエクレール…ディープインパクト×アドマイヤコジーンのCS系。メンバー中唯一のディープ産駒で、初のG1戦という鮮度を保有。スイートピーSでは1人気1着で楽勝しながらも、前走ダウンの少頭数外枠で敗退したあたりはCっぽい挙動に映った。また、道中掛かり癖があるようにSっぽい一面もあり、今回多頭数内枠のHペースでコントロールができれば。

○スターズオンアース…ドゥラメンテ×Smart StrikeのM系。CS的な桜花賞の走りと量で飲み込んだようなオークスの走り。この2レースの内容だけで、かなり高いレベルで全ての要素を保有していることが伺える。過去15年前走オークス組は[4-0-0-19]と極端だが、この4頭はアーモンドアイ、クロノジェネシス、デアリングタクト、アカイトリノムスメで、実績馬ならむしろそのまま実力を出せるローテ。

▲サウンドビバーチェ…ドゥラメンテ×Johan CruyffのS系。チューリップ賞4着、紫苑S2着にもかかわらず12番人気は明らかに過小評価。前走逃げたのは余計に思えるが、この馬自体絶対逃げなくては駄目という馬ではないため、ある程度持続質戦の番手競馬なら力を発揮できそう。結果的にオークスの除外によって鮮度低下を免れており、いい意味での異端性も持っている。

△メモリーレゾン…オルフェーヴル×ノボジャクのCL(S)系。前走というよりかは、2走前の延長で控えて圧勝した内容が良かった。ドS血統の割に走りが優等生なのは気になるが、坂コースの混戦替わりでパフォーマンスを上げられそうな血統なので、そこに一縷の望み。

☆ナミュール…ハービンジャー×ダイワメジャーのL系。前走はストレス、疲労の無い状態だったのに3着止まりで、スターズとは差を感じる内容だった。母父ダイワメジャーだから若干Sが邪魔して2400mまで持たなかったのかもだが…。チューリップ賞では馬群を縫っているように、休み明けなら意外としぶとい。揉まれすぎなければ。

◎単 ◎〜△馬連BOX ◎から3連複
MラジiTunes
ラジオやってます!!
iTunesに登録するには下記のバナーをクリックしてください。
About
「少年は競馬場で推理する」
ここは、“Mの法則”を使った競馬予想を展開するも全く当たらず、平日は決まって駄文を垂れ流し、「こんな奴がいるなら自分はマシな方だな」と優越感に浸れる隠れ家的Blogサイトです。旧ブログ名「競馬を少し噛んでみる」

■相互リンク募集してます
■ご用件がおありの方はこちらまでお気軽にどうぞ
(* ^ー゚)ノ⇒メールフォーム

回収率
2019 93%
2018 75%
2017 82%
2016 119%
2015 110%
2014 150%
2013 76%
2012 108%

旧ページ用語解説
騎手辞典(関東)
騎手辞典(関西)
格言・データ検証

競馬ブログ・ランキング
にほんブログ村 競馬ブログへ
競馬サーチ.com
競馬ハイブリット新聞
Profile
【Photo Data:(C)Carrot Lunchさんの提供】


ブライト

◆予想スタイル
Mの法則、Vライン、血統
◆好きな馬
メジロブライト、ナリタトップロード
◆好きな現役馬
コスモソーンパーク
◆好きな騎手
横山典弘、和田竜二、浜中俊
◆好きな調教師
宗像義忠、白井寿昭、石坂正
◆好きな種牡馬
チーフベアハート、ステイゴールド
◆好きな母父
Unbridled's Song、ダンチヒ系
人気ブログランキング
競馬教訓
■C系には厳しく
■人気馬は少しでも走れる要素があれば抑える
■迷ったら前に行く(前走前に行っていた)馬
■迷ったら人気のない方
■休み明けは基本的に半年以内
■休み明けは逃げ、先行馬
■キャリア少馬は多頭数経験
■買いたい馬が多いレースは大きな勝負を控える
■好内容のレースをした馬は最低1年は追う(意識しておく)
Archives
Recent Comments
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

【PR】うまとみらいと
ブライトTwitter
スポンサーサイト様
アクセスランキング
記事検索
JRAブログパーツ
Web Race Card